揺れる国産戦闘機開発、断念か継続か どうなる空自F-2後継機問題

戦闘機開発は国際共同しか道がないのか?

 F-2のように政治的な理由でアメリカから無理難題を押し付けられるのであれば、多国籍開発の方がリスクを分散させれるといえるでしょう。ただし、欧州4カ国が共同で開発にあたったユーロファイターの場合、フランスが途中で抜けるなど色々と問題があったことを考えると、一筋縄ではいかないようです。

「F-35Aの買い増しも検討」とも報じられています。同一の機種を揃えることで整備面では有利になりそうですが、退役時期となる2030年ごろの時点で同機が第一線で活躍できるのかは不安が残ります。

Large 180307 f2 04
先進技術実証用の国産ステルス機X-2(2017年、後藤丈志撮影)。

 防衛装備庁が研究してきた先進技術実証用の国産ステルス機「X-2」は、F-2後継機の技術開発にフィードバックするとされていましたが、他国との共同開発になると技術と予算だけを持って行かれる可能性も出てきます。日本の技術革新のために国産戦闘機の開発を望む声は多くありますが、周辺諸国の状況と防衛費の兼ね合いで実現できるかは不透明です。

「いずも」の空母化とそれにともなうF-35Bの導入が検討されるなど、変革を進める自衛隊ですが、国益と開発の難しさをどう乗り越えるかが試されそうです。

【了】

テーマ特集「【ミリタリー】国産戦闘機F-2、いま直面する後継機問題」へ

この記事の画像をもっと見る(5枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180307 f2 05
  • Thumbnail 180307 f2 01
  • Thumbnail 180307 f2 02
  • Thumbnail 180307 f2 03
  • Thumbnail 180307 f2 04

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. より高性能になるなら共同開発でもいいんじゃないの
    イギリスは今EUから抜けて相手欲しがっているし、結局は米英に混ざるのが良いのでは
    あとF35では購入までだいぶグダグダやったせいで優先国になれなかったわけだし

  2. そもそも支援戦闘機の任務を考えればF-35しかないだろう。
    FSX計画がまだ続くのならな。
    そもそもFXでF-35を採用するには任務上本来有りえない話だろう。

  3. アメリカだけじゃもう集団的自衛権にはならない

  4. ちょっと待て、

    台湾のIDFはアメリカの協力もあってF-16をベースに開発しているが
    その大部分は台湾が開発したのだ。エンジンはアメリカから小型のものしか
    輸入できなかったのだが。それでも、開発の主導権はほぼ台湾側にあった。

    ならば、日本でもできるはず。。。。って
    アメリカポチ政権の安倍じゃ難しいってことなのかな?