数減らす「一灯式信号」 ルール知られず赤点滅を「徐行」も 機能どう代替

青、黄、赤の車両用信号とちがい、1灯のみで黄色または赤色を常時点滅させる「一灯式信号」が、全国的に数を減らしています。点滅の意味が浸透せず、あまり効果をなしていないという指摘も。その機能はどう代替されているのでしょうか。

教習では習うけれど…

 徳島県警が2018年度から、県内にある「一灯式信号」の撤去に向けた取り組みを推進します。

Large 180329 1signal 01.jpg
一灯式信号機の例(画像:photolibrary)

「一灯式信号」は、青、黄、赤のランプが並ぶ一般的な三灯式信号とちがい、1灯しかない車両用信号のこと。「通常の交差点信号機を設置できない細街路交差点で、主従を明確にし、出会い頭事故の防止のため、終日、主道路が黄点滅、従道路が赤点滅している」(鳥取県警ウェブサイト)ものです。これをなぜ撤去するのか、徳島県警に聞きました。

——なぜ一灯式信号を撤去するのでしょうか?

 点滅の意味があまり浸透しておらず、効果が薄いというのが大きな理由です。黄色の点滅は「注意して進め」、赤色の点滅は一時停止と、運転免許の教習でも習うはずですが、通常の赤信号とちがって点滅信号となると、「赤点滅も徐行でいいのでは」などと迷う方がおり、結果的に事故がなくならないのです。

——そもそもどんなメリットがあって設置されたのでしょうか?

 夜間でも交差点の位置や交通規制がわかりやすいというメリットがありますが、昔は「光るもの」といえば信号しかなかったのです。現在ではLEDなども発達していますので、もっとわかりやすいものに替えて、より安全な交通社会を実現していきます。

テーマ特集「【道路】ここが県道? 日本一長い信号など…知らなかった! 道路のトリビア」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180329 1signal 02.jpg
  • Thumbnail 180329 1signal 01.jpg

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 適宜見直しはいいことだと思うけど、免許取らせてるのに「知らない」が理由になってるのはおかしいだろ
    片っ端から捕まえて、違反金を撤去費用に充てよう

    しかし日本は信号が多すぎる。一回の青信号で3台くらいしかいない交差点なんてずっと点滅でいいでしょ。増やしても良いくらいだと思う。

    • ご自分だって知らないルールあるのでは?

  2. 何だ?その知られてないルールって
    線路を歩いてはならないルールを知らなかったで済まされるか?
    最近は公共の乗り物でマナーでルールを煙に巻くアホなドサクサな考えがあるけど?とんでもねー話

  3. うーん、知らないと言うのが問題だと思うけどな
    結果、電力を使わず、コストが下げられそうな感じなので
    いいことだと思いますが、こういう大衆迎合的なやり方って
    更に良くない未来が待ってると思うよ
    知らないでは済まされないんだから、
    しっかり検挙して、そういった不良ドライバーを
    減らすことの方が大事だと思う。

  4. 電気代の節約になるから、
    標識の方が良いね。

  5. 最後の 【図】一灯式信号から一時停止規制へ どう変わる?
    の左側の図の停止線の位置が違う。停止線があるのは赤点滅信号側。

    ちなみにこんな話、点滅信号の意味を知る知らない以前の問題、一灯式の話しか出てないけれど、普通の三灯式信号の夜間点滅はどう捉えるのか、筆者の知識のなさが露呈されている。

    • まだ図が直ってない。

      点滅の赤(一時停止)or黄(徐行)の意味は一灯式も三灯式も同じ、全くその通り。この記事もそこをもっと強調した方が良かった。
      コメつけてる人たちはわかってるみたいで、そこはよかった。

  6. 反映されなかったのでもう一度
    赤点滅側一時停止、黄点滅側ゆっくり進むというルールは、深夜点滅に変わる通常の信号灯と同じルールであり、結構目にします。
    これを知らないですませるのはどうかと思うのです。

    本当はコストダウンが目的ではないか?と思ったりします。
    LEDつき止まれ標識の方がおそらく安いですよね。