高速の加速車線、合流はどの時点で? 渋滞か否かで判断を変えるべきもっともなワケ

高速道路の加速車線から本線に合流する時、スムーズに車線変更をしてクルマの流れに乗ることができれば、自分だけでなくほかのクルマにもメリットがあります。車線変更はどのタイミングが最適なのでしょうか。

もちろん「十分に加速した時点」

 高速道路のICやSA、PAなどから本線に合流する際、クルマは加速車線で加速し走行車線へ移ります。走行車線を走るクルマのあいだにうまく入れず、合流のタイミングを逃してしまうというのはちょっとした恐怖ですが、ではスムーズに合流するためには加速車線のどのあたりで車線変更するのが良いのでしょうか。それとも、加速車線の終点まで走るべきなのでしょうか。

Large 180330 merge 01
高速道路のPAから本線への合流地点にある加速車線。写真はイメージ(佐藤 勝撮影)。

 東京都世田谷区の自動車学校、フジドライビングスクールの田中さんに聞いたところ、「十分に加速できた時点」が合流すべきタイミングだといいます。

「教習生には、まず80km/hから100km/h程度まで素早く加速し、それからミラーなどで走行車線のクルマを確認して合流するように教えています。走行車線を流れているクルマはだいたい80km/hから100km/hで走行していますので、それらのクルマと自分のクルマのスピードを合わせた時が最適なタイミングなのです。走行車線のクルマと隣り合ってしまった場合には、残りの加速車線を使って速度を調整して合流します」(フジドライビングスクール 田中さん)

 田中さんによると、運転に慣れない段階で最初からクルマの流れを見てしまうと、気持ちが萎縮して加速が遅れてしまうこともあるといいます。

「十分に加速しないまま走行車線に入ってしまうと、後続のクルマが追いついてきて急ブレーキをかける可能性があります。交通量が多い時はその急ブレーキがさらに後方のクルマに連鎖したり、車線変更でそれを避けようとするクルマが出てきたりして、渋滞発生の原因にもなるのです」(フジドライビングスクール 田中さん)

 逆に、最初からしっかり加速することを意識すれば、ほかのクルマに迷惑をかけずに合流できるということになります。「合流の操作も落ちついてできますし、後続のドライバーにブレーキを踏ませるような心配もなくなります」と、田中さんは話します。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180330 merge 03
  • Thumbnail 180330 merge 01
  • Thumbnail 180330 merge 02

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 40キロくらいで合流車線を走る奴は取締対象にしてくれ

  2. 本線側の渋滞が多い合流車線には、「渋滞時には先頭まで行ってから合流」のような表示があるとみんな遠慮なく先頭まで行けると思うんですが、そういうの見たことないですね。

  3. 40kmや50kmという表記をやめて企画によっては60kmや70kmにした方が良いと思います。
    特に相模原愛川ICみたいな立体Y型インターなら70kmにしても良い改正が必要です。

  4. 要は後ろの車と自車の性能によりけりだろ。
    渋滞の時はチャック入りだったけ、交互に入るだけだろ。

    • そのチャック入りを「必ず先端まで行ってからするように」と広報することが必要だ、という議論をしているところだろ・・・

  5. 渋滞中合流でこれ守らない人すごい多い!合流手前に看板つくるとかもっと周知させてほしい。