高速の加速車線、合流はどの時点で? 渋滞か否かで判断を変えるべきもっともなワケ

合流地点がすでに渋滞している場合は?

 ただ、高速道路の本線が渋滞し、並んだクルマがノロノロ運転をしている場合は、一見、加速車線のどこでもスピードを調整しながら合流できそうに見えます。この場合はどの位置で合流するのが良いのでしょうか。

「渋滞している場合は、加速車線の終点まで行って合流するように教えています。手前の方で合流しようとすると、後続のクルマが左側から追い越していって、先の方で車列に入ろうとして渋滞がさらに悪化したり、加速車線で渋滞が発生する原因にもなるのです」(フジドライビングスクール 田中さん)

 渋滞の列を目の当たりにすると、人によっては不安を感じて早く列に入ろうとしたり、「前の方から割り込むのは申し訳ない」という心理が働いて、加速車線の途中で合流しようとするケースもあるようですが、「渋滞を悪化させないためにも、加速車線が終わるところで合流するのが最も合理的です」と田中さんは話します。

Large 180330 merge 02
本線だけでなく加速車線も渋滞している、高速道路の合流地点。写真はイメージ(佐藤 勝撮影)。

 高速道路の合流地点は渋滞が発生しやすい場所のひとつで、その原因の多くは合流してくるクルマと走行車線のクルマとの速度差によるものといわれています。加速車線を上手に使ってスムーズに合流することは、自分だけでなくほかのドライバーや道路交通そのものにもメリットがあるといえそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 40キロくらいで合流車線を走る奴は取締対象にしてくれ

  2. 本線側の渋滞が多い合流車線には、「渋滞時には先頭まで行ってから合流」のような表示があるとみんな遠慮なく先頭まで行けると思うんですが、そういうの見たことないですね。

  3. 40kmや50kmという表記をやめて企画によっては60kmや70kmにした方が良いと思います。
    特に相模原愛川ICみたいな立体Y型インターなら70kmにしても良い改正が必要です。

  4. 要は後ろの車と自車の性能によりけりだろ。
    渋滞の時はチャック入りだったけ、交互に入るだけだろ。

    • そのチャック入りを「必ず先端まで行ってからするように」と広報することが必要だ、という議論をしているところだろ・・・

  5. 渋滞中合流でこれ守らない人すごい多い!合流手前に看板つくるとかもっと周知させてほしい。

  6. 本線の皆様はイラついてんだから一番手前から入ればいいのです
    自分だけ一番先頭に行こうという中国人的発想止めてください