「グランシップトレインフェスタ」開催 静岡の鉄道・駅弁・グッズ集結 臨時急行も

日本最大級という鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ」が2日間にわたり開催されます。静岡県内の鉄道、駅弁、グッズなどが集結。臨時列車も運転されます。

数千両の車両が走る鉄道模型コーナーを設置

 2018年5月19日(土)と20日(日)、静岡県文化財団と静岡県主催のもと、日本最大級という鉄道イベント「グランシップ トレインフェスタ2018」が開催されます。

Large 180501 trainfesta 01
2017年に運行された臨時急行「トレインフェスタ号」(画像:静岡県文化財団)。

 入場料は無料。会場は、静岡駅からJR東海道本線で1駅の東静岡駅が最寄りの、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」です。

 1階大ホール・海は、数千両の各種ゲージ車両が走る鉄道模型コーナーが展開。2階、3階席からの眺めも圧巻といいます。

Large 180501 trainfesta 02 Large 180501 trainfesta 03 Large 180501 trainfesta 04
鉄道模型が広がる昨年の1階大ホール・海(2017年5月、恵 知仁撮影)。
昨年の「ふじのくに鉄道トーク」(2017年5月、恵 知仁撮影)。
鉄道工作教室のイメージ(画像:静岡県文化財団)。

「ふじのくに鉄道トーク」にはホリプロ所属の“女子鉄”アナウンサー、久野知美さんと、鉄道ファンとして知られるホリプロのマネージャー、南田裕介さんが各日2回出演。19日(土)は伊豆急行、伊豆箱根鉄道、岳南電車、大井川鐵道、20日(日)はJR東海、静岡鉄道、JR貨物、遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道のスタッフを交えて、各鉄道や沿線の魅力を紹介します。入場無料で、事前予約不要です。

 このほか、ミニSL乗車会(乗車無料)や鉄道グッズ、県内駅弁販売をはじめ、JR貨物オークション・部品販売などを企画。木製の列車や車掌の帽子作りを体験できる鉄道工作教室(1回500円)も開催されます。「なりきり写真館」では鉄道会社の制服を着て記念撮影もできます。11階の「キッズフロア」ではプラレールでも遊べます。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180501 trainfesta 05
  • Thumbnail 180501 trainfesta 06
  • Thumbnail 180501 trainfesta 07
  • Thumbnail 180501 trainfesta 08
  • Thumbnail 180501 trainfesta 09
  • Thumbnail 180501 trainfesta 01
  • Thumbnail 180501 trainfesta 02
  • Thumbnail 180501 trainfesta 03
  • Thumbnail 180501 trainfesta 04

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. JR東海は地味に急行をよく運転しているな…
    373の設備と、静岡の移動のしにくさというのがあるのかな

    • 冗談抜きで三島~浜松・豊橋間に373系で急行を走らせればいいと思う。
      快速でないのは18きっぱーを締め出して、あくまでも沿線客向けにするためだ。
      新幹線をご利用くださいって言ったって、肝心の駅がねえんじゃ仕方がない。