「原付2種」免許の教習日程短縮へ 「世界標準」の125cc乗りやすく 「日本独自」50ccの今後は

法令改正により、125cc以下のいわゆる「原付2種」に乗れるAT小型限定二輪免許の教習日程が、2018年7月にも短縮される見込みです。この免許取得について、かねてから業界では負担の軽減を呼び掛けていましたが、背景には何があるのでしょうか。

週末2日で取得可能に

 排気量125ccまでのATバイクに乗れる「AT小型限定普通二輪免許」について、これを普通自動車免許保有者などが取得する場合の教習にかかる日数が、最短3日から2日に短縮される見通しです。すでに警察庁と国家公安委員会が、この内容を踏まえた道路交通法施行規則の改正案を確定しており、7月中にも施行される見通しです。

Large 180608 125cc 01

拡大画像

ホンダ「クロスカブ110」。AT小型限定普通二輪免許で乗れる「原付2種」(画像:ホンダ)。

 排気量125cc以下のバイクは「原付2種」と呼ばれ、地の色がピンクの原付ナンバープレートが交付される車両です。現状で普通免許保有者などがAT小型限定普通二輪免許を取得する際には、8時限の技能教習と1時限の学科教習が必要。1日あたりの技能教習が第一段階(基本操作および走行、計3時限)で2時限まで、第二段階(応用走行)で3時限までとされており、教習終了に最短でも3日を要しました。

 改正後は、1日のなかで所要の休息時間が設けられることで、1日あたりの技能教習が第一段階で3時限まで、第二段階で4時限までに引き上げ。教習終了までに必要な日数は最短で2日となり、週末の2日間で取得することも可能になります。

 法令改正にあたり警察庁が4~5月に実施したパブリックコメント(意見募集)には、「技能教習は継続的に実施したほうが習得しやすいため問題ない」「2日間で教習を修了できることは免許取得の利便性につながる」といった賛成意見や、「1日4時限の技能教習を受ける教習性の理解度には問題がある」といった反対意見など、計78件が寄せられました。

 警察庁は実験教習を行った結果、上限時間を1日1時限ずつ引き上げても安全性や教習効果への影響はないと認められたことを踏まえ、改正に至ったとしています。また、関係団体などからも、利用者の利便性を向上させるために、日程を短縮してほしいと要望があったとのことです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 125cc 04
  • Thumbnail 180608 125cc 01
  • Thumbnail 180608 125cc 02
  • Thumbnail 180608 125cc 03

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 普通自動車の免許で原付二種を運転できる様にと声をあげてる人が多いけど、私はこの様に講習を短縮する方法の方がいいと思う。
    乗ったことがある人ならわかると思うけど50ccと125ccとでは車体の重さ、パワーが全く違いすぎる。だから講習なしでは事故の可能性が上がる。
    そもそも50cc以上に乗りたいなら、免許を取ればいい話。
    免許を取りに行くのがめんどくさい、費用が掛かる等の身勝手な事で法律を変えてたら法律の意味がなくなってしまう。
    時代によって法律は改正するものだけど、この件は全く関係ない。

  2. 車は車枠を完全無視した総重量や積載量で免許の区切り、バイクは排気量なの?
    昔SR500に乗ってたけど中型のSR400と排気量以外の諸元は同じだったけどね。
    ホンダのGLだって中免用にエンジンの行程短縮して400にしただけのナナハン並みの重量だったろうに?
    あの手この手で制度変えるのもよろしいけど交通社会に放った後の事考えてる?
    まあ原付二種の車枠は自動車専用道を走れるか否か?の車枠で分かりやすいけど?

  3. 新規参入、場当たり的な規制緩和
    ドライバー不足で二種免の敷居下げたり、免許歴だけで発生する次への受験資格、ツアーバス事故のように事故って頭をもたげる運転歴論議
    学習能力ねーの?未だに

  4. あと5年もたてば電動バイクのシェアが半数を超えたりして排気量によるクラス分けとかの制度が崩壊するんだろうな