徹底解説! 都営浅草線5500形 最高速度の向上で乗り入れ路線が拡大へ(写真72枚)

「日本らしさ」をちりばめたデザイン

 浅草線を現在走っている5300形の車体はアルミ合金製で、白をベースにした塗装が特徴。これに対して5500形はJ-TRECのオールステンレス車両「sustina」です。そのなかでも1両の長さが18mで、ドアを片側3か所に設けた「sustina S13」が採用されました。「sustina S13」採用車両は、5500形のほかに静岡鉄道のA3000形電車があります。

Large 180611 5500kaisetsu 05

拡大画像

5500形に先駆けて「sustina S13」を採用した静岡鉄道A3000形(2016年4月、草町義和撮影)。

 外観は車両のコンセプトに基づき、歌舞伎の「隈(くま)取り」を取り入れたデザインが取り入れられました。浅草線の沿線には歌舞伎座があり(最寄り駅は東銀座)、「国際的にも日本のイメージとして一般的」(交通局)といった理由から、歌舞伎をモチーフにしたデザインにしたといいます。

 内装も「日本らしさ」を随所にちりばめたデザインでまとめられています。壁は側面が和紙調、両端が竹をイメージした柄になりました。

 座席は従来の車両と同じロングシートですが、ひとり分の幅は従来車より1.5cm広い47.5cmになりました。背面は「寄せ小紋」、座面は「亀甲文様」でデザインされ、「日本らしさ」を強調したといいます。カーテンにはウメやちょうちん、花火など、沿線ゆかりのシンボルを描いたイラストがデザインされました。

 ロングシートの端にある袖仕切りは、見通しを良くしたガラス窓付きの大型タイプ。ガラスの部分には江戸切子調の柄がデザインされました。ドアと袖仕切りの間のスペースは従来より12cm広い33cmとし、ラッシュ時にはスムーズに乗り降りできるようにしたといいます。

Large 180611 5500kaisetsu 06 Large 180611 5500kaisetsu 07 Large 180611 5500kaisetsu 08

拡大画像

拡大画像

拡大画像

5500形の外観は歌舞伎の「隈取り」を取り入れたデザインを採用している。
内装も「日本らしさ」を強調したデザインが採用された。
内装も「日本らしさ」を強調したデザインが採用された。

 文化や言語、国籍、老若男女といった差異に関わらず誰でも利用しやすい「ユニバーサルデザイン」の考え方も随所に取り入れられました。つり手と手すりの数を増やし、このうちつり手は5300形に比べ1両につき約30個増えています。また、一部のつり手は低くなりました。荷物棚も5300形に比べ13cm低くしています。

この記事の画像をもっと見る(72枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント