JR九州、7月にダイヤ修正 種別変更、接続改善などで「減便ダイヤ」改善

JR九州がダイヤ修正を実施へ。2018年3月「ダイヤ見直し」後の、利用者からの意見や利用状況などを受け、種別・停車駅変更や増結、接続改善などを行います。

久大本線が全線復旧

 JR九州は2018年6月18日(月)、列車の接続改善や停車駅変更をはじめとしたダイヤ修正を7月14日(土)に行うと発表しました。概要は次のとおり。

Large 180618 jrqdia 01
JR都城駅に停車している吉都線の列車。写真はイメージ(2011年5月、恵 知仁撮影)。

●鹿児島本線
・荒尾21時05分発の快速・鳥栖行きを、21時00分発の普通・鳥栖行きに変更。
・夕~夜間の区間快速など3本の車両数を、6両編成から9両編成に変更。
・夕方の、久留米駅での久大本線列車との接続を改善。
●日田彦山線
・添田7時17発の快速・小倉行きは、西添田、池尻、一本松にも停車。
●長崎本線
・佐賀地区の普通列車6本の時刻を変更(平日のみ)。
●日豊本線
・午前中の、大分駅での別府方面から幸崎方面への列車の接続を改善。
・20~21時台の大分から幸崎方面への運行間隔を調整。

 このほか、日豊本線の宮崎地区や鹿児島地区、肥薩線、吉都線で、4月17日(火)から車両増結を実施。さらに長崎地区で車両変更や、熊本駅でのりば変更なども行われています。

 また、7月14日(土)は、豪雨災害で不通だった久大本線の日田~光岡(てるおか)間が運転を再開。特急「ゆふいんの森」「ゆふ」は久留米経由の運転に戻ります。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 宗太郎越えを何とかしてくれせめて期間限定でもいいから一本走らせてくれ

  2. 自治体は文句を言うだけじゃなくて、お金を出してあげないとダメだろうな。