MRJ、成功の目はまだあるか 他社動向とカギになる「スコープクローズ」とは

苦境が伝えられる三菱航空機の新型旅客機「MRJ」ですが、ライバル他社の動向やこれらを取り巻く情勢を俯瞰すると、実はまだまだ成功の目は残されているといえるかもしれません。

イギリスの空を飛んだMRJ

 2018年7月16日(月)、三菱航空機が開発を進めている旅客機「MRJ」(Mitsubishi Regional Jet)が、イギリスのファンボロー飛行場で開催された「ファンボロー国際航空ショー」でデモフライトを行ないました。MRJが国際的な航空ショーでデモフライトを行なったのは、今回が初となります。

Large 180730 mrj 01

拡大画像

2018年7月16日の初デモフライトを終えてファンボロー飛行場に着陸する「MRJ90」(JA23MJ)(竹内 修撮影)。

 今回、同航空ショーでデモフライトを行なったのは、2017年6月にフランスで開催された「パリ航空ショー」でも地上展示された、ANA(全日本空輸)塗装の飛行試験5号機(JA23MJ)で、16日14時37分(現地時間)にファンボロー飛行場を離陸した飛行試験5号機は、急上昇したのちに会場上空を数回旋回して、15時過ぎにファンボロー飛行場に着陸。国際的な航空ショーのデビューを飾りました。

 しかしこのデモフライトの終了後、滑走路から展示位置へ戻るためにMRJをけん引していたけん引車と飛行試験5号機が接触するという、思わぬアクシデントが発生してしまいました。この事故のため17日(火)に予定されていたデモフライトは中止を余儀なくされてしまいましたが、接触によって受けたダメージは大きなものではなかったことから、応急措置を行なった上で18日(水)と19日(木)にもデモフライトを行ないました。

 今回の「ファンボロー国際航空ショー」では、MRJの最大のライバルと目されている、ブラジルのエンブラエルが開発を進めている旅客機「E-Jet2」シリーズの「ERJ190 E-2」もデモフライトを行なっており、世界各国から訪れたメディアのあいだからは両機を見比べる絶好の機会だという声も上がっていました。もしアクシデントによるものとはいえ、MRJがデモフライトを1日しか行なうことができなければ、開発の進展で一歩リードを許してしまっているE-Jet2との差がますます開いてしまう印象を与えかねなかったところでしたが、飛行試験5号機が3回デモフライトを行なったことで、三菱航空機は面目を保てたと言えるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180730 mrj 06
  • Thumbnail 180730 mrj 01
  • Thumbnail 180730 mrj 02
  • Thumbnail 180730 mrj 03
  • Thumbnail 180730 mrj 04
  • Thumbnail 180730 mrj 05

最新記事

コメント