豪華夜行バス「コクーン」販売終了へ 2列シート全廃、3列を強化するウィラーの事情

ウィラーが夜行バスの豪華シート「コクーン」の販売を終了します。1車両につき全席2列で配置され、シェルと呼ばれる大型のパテーションでプライベート空間が確保されるなど、豪華夜行バスの先駆けとなった商品です。

ウィラーのフラッグシップ

 ウィラーが高速バス「ウィラー・エクスプレス」の2列シート「コクーン」の販売を終了します。すでに関東~関西便での取り扱いは2018年10月1日出発の夜行便をもって終了、最終運行は12月23日(土)、関東発名古屋行きの夜行便です。

Large 181009 cocoon 01

拡大画像

プライベート空間が確保された2列独立シート「コクーン」。座席は通路に向かって斜めに配置されている(画像:ウィラー)。

「コクーン」は2010(平成22)年に登場しました。車両の左右に1列ずつ、しかも各席が進行方向に並行ではなく、通路側に向かってやや斜めに配置された2列独立シートで、シェルと呼ばれる大型のパテーションでそれぞれプライベート空間が確保されているというもの。各席にはテーブルや電源コンセント、スーツ掛けハンガー、靴収納スペース、テレビや映画などを楽しめるプライベートモニターなどが設けられています。「コクーン」専用車両で運行されており、1車両あたりの座席数はわずか19席。運賃は関東~名古屋間で6630円~となっています。

 全席個室タイプのシートを備えた豪華夜行バスの先駆けといえる存在であり、登場当時から現在に至るまで、マスコミなどでも取り上げられることの多い商品です。ウィラー自身もフラッグシップと位置付ける「コクーン」、なぜ販売を終了するのか同社に聞きました。

――なぜ販売を終了するのでしょうか?

 車両の老朽化および安全面の観点から決定しました。「コクーン」は2010(平成22)年の導入から8年が経過しています。シートのオーバーホールは定期的に行っているものの経年劣化があり、また、車両の安全装置も以前のものです。当社では現在、最新の車両に入れ替えを行なっていることもあり、快適で安全なサービスの提供という観点で必要なことと考えております。

――「コクーン」はどのような経緯で誕生したのでしょうか?

 お客様の「後ろの人を気にせずにリクライニングしたい」「もっと寛げるプライベート空間が欲しい」といった声を基に、移動に求める理想空間の実現を目的として、「いままでにないプライベート空間」をコンセプトに開発いたしました。お客様からは「周りの音や視線が気にならない」「プライベートモニターがよい」といったお声があります。

――運行終了について、どのような声がありますでしょうか?

「寂しい」というお声が多いです。「今後の革新的なサービスにも期待」といったお声も頂いております。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181009 cocoon 03
  • Thumbnail 181009 cocoon 04 2
  • Thumbnail 181009 cocoon 05
  • Thumbnail 181009 cocoon 06
  • Thumbnail 181009 cocoon 07
  • Thumbnail 181009 cocoon 01
  • Thumbnail 181009 cocoon 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. エグゼクティブ4席のMU612TAは車イス対応規制以前の排ガス記号のあるKC記号で、あれはパーキング内で事故して廃車にしたんでしたっけね?
    となると存続のエグゼクティブ3席の割りと新しいほうのMU66JSも先行して改造された二階建てバスと同じレストランバスになってしまうのでしょうか?
    言われてみればコクーンの座席配置がよく当初に事前審査を通過したもんだと思いますが、輸送効率と最近の28年規制車の価格高騰を考えれば合理化も仕方ないかもしれないですね
    しかしながらJR東海バスや西日本JRバスも2003年式のMU612TX型にリニューアル工事を施した車両があるところは大量輸送の担い手としては今でも大御所といったところなのでしょうか?

  2. 足元が窮屈で快適とは言いづらかった
    身長167㎝でそうなので、高めの人はかなり厳しいと思う
    値段のわりにはというのが正直な感想

  3. 仕事にプライベートに大活躍でしたなあ

  4. こんなのいらねーよ。
    てか、整備不良だらけのウイラーなんて不要。