関越道の花園IC下り出口車線、14日に延伸 上り坂でのスムーズ流出促す

関越道の花園ICで、下り出口車線が延伸されます。ここは緩い上り坂であり、速度低下による渋滞が発生。今回の対策で速度低下の緩和を図ります。

緩い上り坂で速度が低下、渋滞に

 NEXCO東日本関東支社は2018年12月5日(水)、関越道 花園IC(埼玉県深谷市)付近の下り出口車線を14日(金)11時に約0.9km延伸すると発表しました。

Large 181205 kanetsuhanazono 01
花園IC下り出口車線の延伸イメージ。2018年12月14日から約0.9kmが延伸される(画像:NEXCO東日本)。

 下りの花園IC付近は、早朝から午後にかけて渋滞が発生することがあります。これは、インター手前が緩い上り坂になっていて全体的に速度が低下するためで、さらにインター出口があることで一番左の第一走行車線の速度がさらに低下し、流れの乱れに拍車をかけているためです。

 このためNEXCO東日本は、渋滞対策の一環として、速度低下の緩和を目指して出口車線の延伸工事を進めていました。今回の運用開始により、花園IC下りでは、車両流出バランスが改善され、スムーズに流出できるようになるとしています。

 なお、上りの花園IC付近では、8月に合流車線を約0.9km延長。既設のゆずり車線とあわせて約2.4kmの区間で、実質4車線の運用を行っています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181205 kanetsuhanazono 02
  • Thumbnail 181205 kanetsuhanazono 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ゆずり車線は渋滞解消に効果あるのですか? 何%の車両がそこを通っていますか?(追い越し用途を除く) NEXCOの方はこの様な事を調査してますか?

  2. また無策の金の無駄遣い!
    ゆづり車線も愚の骨頂!
    実際に走ってみれば、実態がすぐ分かるはずなんですが…