事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」

海上自衛隊のP-1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」から火器管制レーダーを照射されました。ただごとではありませんが、どう読み解けるでしょうか。

「レーダー照射」が意味するものは?

 2018年12月21日(金)、防衛省が発表したところによると、20日(木)15時ごろ能登半島沖において、海上自衛隊厚木基地 第4航空群3航空隊所属の哨戒機P-1が、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」から火器管制レーダーを照射されました。

Large 181222 p1 01

拡大画像

ミサイルを妨害するフレアを投下する海上自衛隊の哨戒機P-1。機首部上部にレーダーを逆探知するESMを装備している(関 賢太郎撮影)。

 駆逐艦が、レーダーを使用すること自体は珍しくありません。もちろん韓国海軍の駆逐艦だけではなく、海上自衛隊の護衛艦も日常的に使用しています。「広開土大王」は空中の目標に対して、「対空索敵用レーダー(AN/SPS-49)」と「火器管制レーダー(STIR)」を使用しますが、ではなぜ防衛省はあえてこれ発表したのでしょうか。

 それは今回、使用されたものが「火器管制レーダー」であるためです。

 対空索敵用レーダーは、アンテナを回転させ電波を広範囲に発信し、全周囲を警戒するために使いますが、「火器管制レーダー」は、対空索敵用レーダーによって探知した「目標」に対してアンテナを向け続け、リアルタイムで相手の情報を取得する目的に使われます。

 このように、相手にレーダー電波を指向し続けることを「照射」と呼んでおり、より広く使われている言葉では「ロックオン」とも表現されます。そしてこの火器管制レーダーはもっぱら、艦対空ミサイルの誘導や艦砲射撃のために使用されます。

 つまり「広開土大王」がP-1に対してレーダー照射したという事実は、艦対空ミサイルによって「照準中」であることを意味するのです。したがって火器管制レーダーの照射は、相手に対して攻撃の意図を示すことになり、よほどのことがない限り行われません。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181222 p1 02
  • Thumbnail 181222 p1 01

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 各社が事実関係だけを報道して技術的、本当の軍事的な意味や背景がわからない中、こういう記事が読みたかったです。

  2. 韓国軍の事故であり、悪意はなかったと信じたい。
    ならばなぜ、謝罪をせず、虚偽としか思えない説明をするのか?
    もしくは本当に、遭難船捜索のために日常的に火器管制レーダーを使用しているのか?
    そちらのほうが恐ろしい気がする…

  3. 国際ルールを守らず、自分勝手に振る舞う民族と100年以上も昔に福沢諭吉は見抜き『脱亜論』で述べている。百害あって一利なし。国交断絶で良いのではないか?

  4. 数回に渡って照準レーダーを指向し続け、更に無線による呼び掛けに応答しない時点で「偶発的」「事故」「ミス」ではなく海上自衛隊の対潜哨戒機P-1に対して意図的に指向した事は明白です。
    また韓国海軍が今回使用したレーダーは旧式の物でありとっくの昔にデータの解析すら終わっている骨董品であり、電子戦の意味でも何の利益もありません。

    仮にも軍事評論家、しかも航空の専門家の寄稿にしては内容が余りにもお粗末かつ韓国擁護のバイアスが乗り過ぎていませんか?

  5. P1ではありません
    P2哨戒機です
    哨戒機は普通、旅客機を改造して使用されますが、P 2哨戒機は一から哨戒機専用として設計された日本が誇る最新鋭の哨戒機
    あらゆる先進機能が詰め込まれており
    対艦、対潜戦も可能です
    本当に軍事評論家ですか?
    P 1とP 2を間違えるなんて!

    • すみません間違えていました
      お詫びいたします

  6. 筆者は事故だと考えいているようだが・・・
    5分間にわたって複数回、火器管制レーダーが照射されていることと
    P-1からの説明を求める通信を無視していることから、意図的にやったとしか思えないんだよなぁ