ドライブレコーダーの死角「SDカード」に要注意! 録れてないトラブル増加のワケ

SDカードそのものの選択も重要

 オートバックスセブンによると、ドライブレコーダーは機種によって、SDカード類の書き込み速度など、推奨スペックや記録容量が指定されているそうです。国民生活センターの報告では、「録画できていない」といった相談を寄せた1割以上の人が、その機種に合っていないカードを使用している可能性があるといいます。

Large 190124 dorareco 03

拡大画像

全方位撮影モデルの記録映像例。カーメイト「ダクション360」(画像:カーメイト)。

「SDカードならば、現在はおおむねスピードクラス10(データ転送速度最低10MB/秒)、容量32GBまたは64GBのものがメインでしょう。容量256GBのカードなどもありますが、容量が高ければ高いほどいいわけではなく、本体が古いと対応していない場合もあります」(オートバックスセブン)

 なお、主に耐久温度の幅を広げ、耐久性や信頼性から「ドライブレコーダー向け」をうたっているSDカード類もありますが、ドライブレコーダー協議会によると、これらは一般的なSDカードと記録チップなどが異なり、値段が高くなる傾向があるそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190124 dorareco 04
  • Thumbnail 190124 dorareco 01
  • Thumbnail 190124 dorareco 02
  • Thumbnail 190124 dorareco 03

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 信頼性の有るメーカーと対応している上位規格の物を使えば大概問題ないですね。どちらかと言えば夏場の熱に対応出来るかの方が問題かも?

  2. 高容量の32GBで数百円とか激安SDカードの普及も多いと思うね。
    容量が同じでも書き換えできる回数が違うし、訳のわからんメーカーと信頼できるメーカーだと余計に差が出ると思う。
    経験としてklevvとかいう32GBで1000円のカードは数回書き込んで引き出しに置いといて、久しぶりに使ったら書き込みが一切できなくなった。それに引き換え昔買ったTrancendの8GBはまだ使えてたり。

    妙なリスクを負うぐらいなら信頼できるメーカーでちょっと高いのが安心して使える。