船への浸水どう防ぐ? 軍艦には欠かせない「ダメージコントロール」とは

軍艦が損傷を受けた場合、これを沈ませないために、どのようなことが行われているのでしょうか。英軍艦「モントローズ」の一般公開にて、その「ダメージコントロール」に対する努力の一端が見られました。

イギリス艦が見せてくれた軍艦にはとても重要なもの

 2019年3月9日(土)と10日(日)に、東京の晴海ふ頭にて、イギリス海軍のフリゲート艦「モントローズ」が一般公開されました。こうした海外の軍艦が一般公開されることは、年間を通してままあることですが、「モントローズ」の甲板上では、なかなかお目にかかれないような展示が行われていました。

Large 190315 damage 01

拡大画像

晴海ふ頭で一般公開されたイギリス海軍のフリゲート艦「モントローズ」。甲板上でダメージコントロール訓練のデモンストレーションが見られた(画像:アメリカ海軍)。

 見たところ小さな金属製のその器具には、まるで内側から爆発でも起きたかのような外向きの破裂口が開いていて、そこから海水が勢いよくあふれています。近くにいた乗員に詳しい話を聞いてみると、艦内で浸水が発生した際にどう対処するかを訓練するための装置、とのことでした。

 こうした浸水への対処は「ダメージコントロール(ダメコン)」と呼ばれ、戦闘により損傷する可能性がある軍艦には欠かせないものなのです。

 そもそも艦艇におけるダメージコントロールとは、艦を沈没させたり、あるいは人命を危険にさらしたりするようなあらゆる要因に対処するというものです。そのため、そこには先述した浸水対処のほかにも、艦内で発生した火災への対処やその予防などが含まれています。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190315 damage 09
  • Thumbnail 190315 damage 01
  • Thumbnail 190315 damage 02
  • Thumbnail 190315 damage 03
  • Thumbnail 190315 damage 04
  • Thumbnail 190315 damage 05
  • Thumbnail 190315 damage 06
  • Thumbnail 190315 damage 07
  • Thumbnail 190315 damage 08

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント