重装甲空母「大鳳」はなぜ魚雷1発で沈んだ? 「不沈」をうたわれた空母の一部始終

期待された一発逆転、魚雷1発であえなく

「大鳳」の竣工は1944(昭和19)年3月7日です。太平洋戦争において日本の敗色が濃くなっていた時期ですが、まだ日本海軍は一発逆転の望みも捨てていませんでした。この3か月後の同年6月に発動された「あ号作戦」で、「大鳳」は「マリアナ沖海戦」に小沢機動部隊旗艦として参加します。

Large 190424 taiho 03

拡大画像

「大鳳」のアメリカ側資料(画像:アメリカ海軍)。

 6月19日、アメリカ軍機動部隊を発見した小沢艦隊は、航空攻撃隊を発進させます。アメリカ軍艦載機の行動範囲外からの攻撃を仕掛けるアウトレンジ戦法が成功しそうに見えた矢先、小沢艦隊を追跡していたアメリカ潜水艦の「アルバコア」が放った魚雷の1発が、「大鳳」の右舷前部に命中します。午前8時10分と記録されています。

 重装甲をうたわれた「大鳳」です。やや前部が沈下しましたが浸水は抑えられ、左舷注水で傾斜も復元し速力も26ノットを維持しており、1発の魚雷程度では戦闘力は失われないはずでした。

 ところが、問題は搭載していた「危険物」、ガソリンでした。被雷の衝撃で航空機用燃料タンクが破損し、ガソリンが漏れ出していたのです。正確な時間の記録はありませんが、被雷直後にはガソリンが噴出していたとの証言もあります。漏れたガソリンは、気化して艦内に充満していきます。防御力強化のため、格納庫が閉鎖構造になっていたのが仇となり、換気ははかどりません。気化したガソリンを吸入して失神する乗員が続出し、火花を恐れて工具の使用も制限され、ダメージコントロールに手間取るうちに攻撃隊が帰還し始め、着艦作業も同時進行せざるを得なくなります。

 やがて14時32分に「大鳳」は大爆発を起こします。艦載機の着艦失敗が、気化したガソリンへの引火のきっかけとも言われていますが、はっきりしたことは分かりません。爆発が連続して手が付けられず、16時28分に沈没します。竣工からたった3か月後の、初陣での戦没でした。一発逆転をかけた海戦で「大鳳」は、1発の魚雷で沈んだのです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 要するに,設計は理論的に完璧だとしても,材料などに手抜きがあれば,完璧にはならない。原発はどうなんでしょうか。

  2. 太鳳

  3. 一層減らしたのは格納庫ではない。ミリタリーブーム以前にはよく誤解されていた説明だが、この期に及んでまだ流布されるのか。断面図を観ろとしかいえない。