海自P-1哨戒機を知り尽くす「FE」というお仕事 民間機では消えた役職がいまだあるワケ

【写真】けっこうな存在感、P-1最後尾のアレ

Large 190521 p1fe 04

拡大画像

P-1哨戒機の尾部に伸びるのは「磁気探知装置(Magnetic Anomaly Detector)」で、通称「MAD」。潜水艦を磁気で探知するためのセンサーで、P-1自身の機体や電子機器の影響を避けるため、なるべく離して装備されている(2018年12月6日、関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190521 p1fe 04
  • Thumbnail 190521 p1fe 01
  • Thumbnail 190521 p1fe 02
  • Thumbnail 190521 p1fe 03

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

コメント