愛の証、重すぎて…恋人たちが掛けていった高速SAの「南京錠だらけの柵」撤去へ

「恋人の聖地」的な場所で見られる無数の南京錠は、カップルたちの「愛の証」として残されたものですが、安全上の問題が噴出しています。ある高速道路SAでは、自ら設置した南京錠だらけの柵を撤去することになりました。

無数の南京錠が掛けられた橋が損壊することも

 NEXCO西日本が、松山道の伊予灘SA(愛媛県伊予市)にある「ハートロックフェンス」を2019年6月27日(木)、28日(金)に撤去します。SA内の展望スペースに立つ、いくつもの南京錠が掛けられたフェンスで、これらはカップルたちが愛の証として残していったものです。

Large 190620 lock 01

拡大画像

橋のフェンスに掛けられたおびただしい数の南京錠。同様の光景は世界中で見られる(2015年9月、乗りものニュース編集部撮影)。

 伊予灘の夕日や夜景を一望できる伊予灘SAは、観光庁が後援するNPO法人 地域活性化支援センター(静岡市)が全国で認定している「恋人の聖地」のひとつです。展望スペースにはハートロックフェンスのほか、恋人の聖地と書かれたモニュメントも設置されています。フェンスはおよそ10年前に「聖地」の認定を受けたSA側が設置、売店でも南京錠を販売していました。

「南京錠の重みによる倒壊など、将来的な安全面を考慮してハートロックフェンスを撤去します。今後はフェンスを設けず、別のオブジェなどを設置する予定です」(NEXCO西日本 四国支社)

 このように風光明媚な場所で無数の南京錠が掛けられている光景は、世界中で見られます。地域活性化支援センターによると、もともとヨーロッパが発祥とされる風習で、自然発生的に南京錠が掛けられていくケースもあるとのこと。しかし、それが増えすぎて景観や安全性に悪影響を与えるケースもあり、橋の欄干の金網などに掛けられた南京錠の重みで、橋が損壊するような事例も存在します。

 ただ伊予灘SAの場合、前出のとおり自然と南京錠が集まっていったわけではなく、SA側でフェンスを用意しています。ここと同じく「恋人の聖地」に認定されている東九州道の別府湾SA(大分県別府市)や、北陸道の杉津(すいづ)PA(福井県敦賀市)などにも南京錠を掛けるフェンスが設けられていますが、なぜSA側でこうした場所を用意するのでしょうか。

【写真】こっちの方が日本的? 大津SAの「絵馬掛けツリー」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190620 lock 03
  • Thumbnail 190620 lock 04
  • Thumbnail 190620 lock 05
  • Thumbnail 190620 lock 01
  • Thumbnail 190620 lock 02

最新記事

コメント