転がるロケット飛ぶ猫バス 英国人のマジメなおバカ「RB ソープボックスレース」を観た

転がるサターンロケットは分離まで再現!

 動物やオールドゲーム機、アクロバットチームの飛行機など、さまざまな趣向を凝らしたカートのなかで目を惹いたのは、チーム「Apollo50」の巨大ロケット型カートです。スタートと同時に実際のロケット同様、3段に分離するという仕掛け付きで会場を沸かせていました。なおチーム名にあるように、今年は1969(昭和44)年にアポロ11号が人類史上初の月面着陸という偉業を成し遂げてから、ちょうど50年目の節目にあたります。

Large 190718 box 09

拡大画像

チーム「Apollo 50」の三段分離式ロケット型カートとコスチュームは完成まで5か月を要したという(稲葉義泰撮影)。

 優勝の栄冠はゾンビと戦う世界をモチーフとしたチーム「GAS GAS GAS」に輝きましたが、どのチームも素晴らしいパフォーマンスと爽快な走りを見せてくれました。この大会の魅力は、その迫力もさることながら、ソープボックスレースの由来が「子どもたちが木製の石鹸箱(ソープボックス)でカートを作って遊んでいたこと(諸説有り)」のとおり、大人たちが「まじめに遊ぶ(ふざける)」ことにより生まれる心からの笑いであると、筆者は感じました。

Large 190718 box 10 Large 190718 box 11 Large 190718 box 12

拡大画像

拡大画像

拡大画像

190718_box_10.jpg スタート後、分離し疾走(画像:Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool)。
障害物により破損した「Apollo 50」のカート(稲葉義泰撮影)。
サターンVロケット型カートは別のチームにも。こちらは発射台つき(稲葉義泰撮影)。

 この「レッドブル ソープボックスレース」、日本では「ボックスカートレース」と称し、2009(平成21)年にお台場で開催された第1回大会を含めこれまで3回実施されてきました。そして第4回目となる「レッドブル ボックスカートレースTOKYO2019」が、東京都と神奈川県にまたがる大型レジャー施設、よみうりランドの特設会場にて、2019年10月6日(日)に開催されます。レースへの参加エントリーはすでに締め切られていますが、当日は入場無料にて観戦できます。

【了】

【写真】ネコバス(?)も飛んだレースの模様いろいろ

Writer: 稲葉義泰(軍事ライター)

軍事ライター。現代兵器動向のほか、軍事・安全保障に関連する国内法・国際法研究も行い、商業誌への掲載実績有り。小学生の頃は「鉄道好き」、特に「ブルートレイン好き」であったが、その後兵器の魅力にひかれて現在にいたる。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント