成田空港、セルフ型搭乗手続き「スマートチェックイン」を全ターミナルに本格導入

成田国際空港がすべてのターミナルで自動チェックイン機と自動手荷物預け機を利用した「スマートチェックイン」を東京五輪までに本格導入します。台数は合計72台。JALやANA、ジェットスターなど15社で利用できます。

2020年夏までに導入

 成田国際空港は2019年8月19日(月)、すべてのターミナルで、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を利用したセルフサービス型の搭乗手続き「スマートチェックイン」を順次導入すると発表しました。

Large 190819 rjaa 01

拡大画像

成田空港第2ターミナル。自動手荷物預け機は2020年までに導入(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに、自動手荷物預け機を合計72台、本格的に導入します。第1ターミナルは、実証実験が行われていた南ウイングに加え、北ウイングも2019年秋までに計28台、第2ターミナルは2019年秋から2020年の夏までに28台、第3ターミナルは、2020年の早春から夏までに16台をそれぞれ導入する計画です。

 この導入に伴い、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を集中的に配置する「スマートチェックイン」エリアを設け、案内表示をリニューアルします。利用できる航空会社は、第1ターミナルはANA(全日空)をはじめKLMオランダ航空やエールフランス航空など7社、第2はJAL(日本航空)をはじめキャセイパシフィック航空やアメリカン航空など6社、第3はジェットスターグループの2社を計画しています。

「スマートチェックイン」の利用方法は、ウェブまたは自動チェックイン機でチェックインした後、自動手荷物預け機で手荷物の手続きをします。成田国際空港によると待ち時間短縮やチェックインカウンター周辺の混雑緩和など、導入効果が大きいと期待されるとのこと。今後は、利用できる航空会社を拡大していきたいとしています。

【了】

【画像】対応航空会社・各ターミナル「スマートチェックイン」エリア!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190819 rjaa 02
  • Thumbnail 190819 rjaa 03
  • Thumbnail 190819 rjaa 04
  • Thumbnail 190819 rjaa 05
  • Thumbnail 190819 rjaa 06
  • Thumbnail 190819 rjaa 01

最新記事

コメント