LCCバニラエア、統合間近に「オリジナル曲」披露 300人が格納庫に集った理由とは

LCCのピーチと統合するバニラエアが、楽曲『ラララ ラストフライト』を社員とその家族にお披露目。しかしこの曲、実は未完成。格納庫で行われたのは、「お披露目」だけではありませんでした。

空港チャイムやエンジン音を組み込んで「曲」に

 ANA(全日空)グループであるLCC(格安航空会社)のバニラエアが2019年10月5日(土)、成田空港内のANA格納庫で、楽曲『ラララ ラストフライト』のお披露目イベントを開催しました。

Large 191004 vn 01

拡大画像

バニラエア『ラララ ラストフライト』お披露目イベントの様子(2019年10月5日、乗りものニュース編集部撮影)。

 バニラエアは10月26日(土)にラストフライトを迎え、同じANAグループのLCC、ピーチに統合。それを前に、利用者とスタッフで曲を作るプロジェクトです。

『ラララ ラストフライト』の歌詞は、SNS上で利用者やスタッフから寄せられたメッセージをつなぎ、プロが作詞。音も、空港のチャイムや飛行機のエンジン音など、バニラエアのスタッフや利用者が耳にしていたものがベース。「バニラエアでないと作れない曲」といいます。

 会場に集まったバニラエア社員と、その家族およそ300人を前に曲が披露されましたが、まだ「完全版」ではありません。このイベントで、参加者全員の掛け声を録音。その音を組み込んだものが「完全版」で、後日、特設サイトにて公開される予定です。

【写真特集】まもなく塗り替え バニラエア塗装のエアバスA320型

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. どうも違う楽曲を想像してしまう。