JAL初の国内線仕様「ボーイング787」デビュー! 伊丹も歓迎

航空ファンの伊丹空港本部長「うらやましい」 いつ、どこで乗れる?

「航空ファン」だという伊丹空港本部長の北山 博執行役員は、伊丹からの折り返し便となるJL112便出発前に行われたセレモニーで、「ファンとして、国内線仕様のボーイング787-8型機が導入されるのを楽しみにしていました。搭乗する方がうらやましいです」と話します。

「ボーイング787-8型機は静かで快適な機体です。飛行機に乗るお客様だけでなく、空港近隣の皆様にとっても歓迎される機体です」(北山 博執行役員)

 羽田発、そして伊丹発の初便搭乗者にはその証明書、パンフレットなどの記念品がプレゼントされたほか、この日の操縦を担当した機長2名の直筆サイン入りカードも配られています。

Large 191027 78d 02

拡大画像

右から2番目が伊丹空港本部長の北山 博執行役員(2019年10月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

 国内線仕様のボーイング787-8型機を、JALは計4機導入する予定とのこと。まずは、羽田~伊丹線で1日6便(3往復)から投入されます。運航計画は以下のとおりです(予告なく変更の場合あり)。

●羽田発伊丹行き
・JL107便:羽田8時30分発→伊丹9時35分着
・JL117便:羽田12時30分発→伊丹13時40分着
・JL127便:羽田16時30分発→伊丹17時35分着

●伊丹発羽田行き
・JL112便:伊丹10時30分発→羽田11時35分着
・JL120便:伊丹14時30分発→羽田15時30分着
・JL130便:伊丹18時30分発→羽田19時40分着

 JALは今後、国内線仕様のボーイング787-8型機による運航を順次増やしていくほか、羽田~福岡線にも同機を12月20日(金)から投入する予定です。

【了】

【写真】本部長も欲しがる? 初便搭乗者へのプレゼント

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 772の375席から291席に減らのかよ

  2. B787,A350共に座席配列3-3-3だからこれからは機材内装の差異がほぼなくなるわけで。
    ということは設備サービス勝負がメインになるんだろうね。