JAL初の国内線仕様「ボーイング787」デビュー! 伊丹も歓迎

JALが初めて導入する「国内線仕様」のボーイング787型機が、羽田~伊丹線でデビュー。同機がこの路線から投入された主な理由は、同機の特徴と伊丹空港の環境にあります。航空ファンの伊丹空港本部長も「うらやましい」という機体です。

まず羽田~伊丹線に投入 その理由は?

 JAL(日本航空)のボーイング787-8型国内線仕様機(機番:JA846J)が、2019年10月27日(日)、羽田発伊丹行きのJL107便でデビューしました。2012(平成24)年からJALは国際線仕様のボーイング787型機を運航していますが(787-8が2012年で、787-9は2015年から)、国内線仕様のボーイング787型機を導入したのは、今回が初めてです。

 機内は、この9月にJALで就航したエアバスA350-900型機とほぼ同じ、「日本の伝統美」をテーマにした同社最新のもの。すべての座席に個人用モニターとUSBポート、電源コンセントを装備しているほか、無料の機内Wi-Fiも使用できます。

Large 191027 78d 01

拡大画像

JL107便として伊丹空港に到着した国内線仕様のJALボーイング787-8型機(2019年10月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

 座席数は291で、3クラス編成。ファーストクラス(6席)は横2-2-2列、クラスJ(58席)は2-2-2列、普通席(227席)は3-3-3列の配置が基本です。

 JALによると、初導入のボーイング787型国内線仕様機をまず羽田~伊丹線に投入する理由について、同機の特長である「低騒音性」といいます。

「ボーイング787型機は、とても静かな飛行機として有名です。伊丹空港は、周辺に住宅地が非常に多い空港で、飛行機の騒音により住民の皆様にご迷惑をおかけしていました。最終的に、羽田~伊丹線15便のうち11便をボーイング787型機に置き換える予定で、近隣の方々へご迷惑をお掛けすることは、少なくなると思っております」(JAL 本田俊介国内路線事業本部長)

 また伊丹空港でも、この機種の投入を「歓迎」しているようです。

【写真】本部長も欲しがる? 初便搭乗者へのプレゼント

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to リムジンバスDe輪行サイクリング Cancel reply

2件のコメント

  1. 772の375席から291席に減らのかよ

  2. B787,A350共に座席配列3-3-3だからこれからは機材内装の差異がほぼなくなるわけで。
    ということは設備サービス勝負がメインになるんだろうね。