名神の一宮JCTで渋滞対策「ファスナー合流大作戦」実施 高速道路初 12月から

「加速車線の先端で合流」しかできなくなる物理的対策!

Large 191120 fastener 01

拡大画像

「ファスナー合流大作戦」のイメージ。ラバーポールやゼブラ帯を加速車線の先端まで延伸する(画像:NEXCO中日本)。

 NEXCO中日本は2019年11月20日(水)、名神高速と東海北陸道が交わる一宮JCT(愛知県一宮市)において、「ファスナー合流大作戦」と題した渋滞対策を実施すると発表しました。12月上旬の運用開始を目指して工事を進めるそうです。

 名神上り線の一宮JCT付近は、東海地方でも有数の渋滞ポイントです。東海北陸道からの車両が、加速車線のいたるところから名神へ合流し、流れを悪くしている傾向だといいます。このため、加速車線と本線を隔てるラバーポールやゼブラ帯を延伸する形で、合流できる場所を物理的に「加速車線の先頭のみ」とするそうです。

 これにより、あたかも洋服のファスナーのように、加速車線から規則正しく1台ずつ交互に本線へ合流する「ファスナー合流」を促し、交通の流れがスムーズになるといいます。この「ファスナー合流」に着目し、ラバーポールの位置や路面標示を変更する渋滞対策は、高速道路で初めてとのこと。

 NEXCO中日本は一宮JCTに限らず、「渋滞が発生している時は、加速車線の先頭まで進み、ゆずりあいの精神で1台ずつ交互に合流する“ファスナー合流”にご協力をお願いいたします」としています。

【了】

【写真】ビッシリ渋滞する名神「一宮JCT」付近

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191120 fastener 02
  • Thumbnail 191120 fastener 03
  • Thumbnail 191120 fastener 04
  • Thumbnail 191120 fastener 01

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. マトモな感覚の人々ならラバーポールの脇を走る間に合流用の車間ができるような速度調整ができるのだろうが、さて?

  2. 本線渋滞中の時には効果がありそうだけど、逆に本線が流れてるときに合流に失敗する車が出て来やしないかが心配。

  3. そのまえに、正しいことをするとズルになる現状の誤った常識を解決しろよ。
    道路管理者が先頭合流が正しい、手前合流は悪と正しい運転を知らしめるべき。

    ポールよりもまず先に、現地に「先頭でスムーズに合流」「手前合流は渋滞原因」等という看板を設置し、周知を図るべき。
    それに何も告知しないと知らないフリをしつつ自分ルールを主張して路上暴力をする奴が出てくる。

  4. 一宮jct・一宮ic間の3車線化は予定されていないのでしょうか?事情通の方、教えてください。