JR東海に新型「発電機搭載特急電車」HC85系登場 「モハ」表記 「ひだ」「南紀」向け

JR東海が、特急「ひだ」「南紀」の次期車両を想定し開発したHC85系。その試験走行車が完成しました。ハイブリッド方式で国内初の120km/h運転が目指されます。デザインは「和」がコンセプト。コンセントは全席に用意です。

HC85系 次世代の特急「ひだ」「南紀」を見据え登場の「発電機搭載電車」

 JR東海の新型特急車両「HC85系」。その試験走行車(1編成4両)が完成し、2019年12月12日(木)、名古屋車両区で報道陣へ公開されました。名古屋と飛騨高山方面を結ぶ特急「ひだ」、紀伊半島方面を結ぶ特急「南紀」の次期車両として使うことを見据え、開発されたものです。

 特徴はまず、「ハイブリッド方式の鉄道車両」なことが挙げられます。搭載するディーゼルエンジンの回転で発電した電気と、ブレーキ時にバッテリーへためた電気を用い、モーターを使って走るもので、かんたんにいえば「走行用の発電機とバッテリーを搭載した電車」とも表現できます。

Large 191212 hb85 01

拡大画像

JR東海が開発した新型特急車両「HC85系」の試験走行車(2019年12月12日、恵 知仁撮影)。

 特急「ひだ」「南紀」が走る高山本線と紀勢本線は、線路上空に車両へ電気を供給する架線がなく、一般的な電車は自走できない「非電化区間」です。そのため「ひだ」「南紀」では現在、ディーゼルエンジンで直接的に車輪を回転させる方式のキハ85系気動車(ディーゼルカー)を使用しています。

 新たに登場したHC85系は、車両に発電機があるため非電化区間も自走可能。形式名の「HC」は「Hybrid Car」を表し、「85」には、1989(平成元)年の登場以来30年にわたり走り続けてきたキハ85系から技術革新した車両、という意味が込められているそうです。

 ちなみにこうしたハイブリッド車両は、ほかの鉄道会社では気動車に準じる扱いなことが一般的ですが、HC85系は各車両の形式名が「クモハ85」「モハ84」「クモロ85」と、電車の方式に従っています(標準的な気動車方式だと「キハ85」などとなる)。その理由についてJR東海の担当者は、できるだけ「電車のメリット」を享受できるよう開発した車両であること、エンジンを除けば電車に近い車両であることを挙げます。

JR東海の新型特急車両「HC85系」を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to asamasanroku-rail Cancel reply

4件のコメント

  1. キハ85についでHC85も非電化区間を走る車両としてエポックメイキング的な車両になりそうですね。
    ヘッドマークはなくなってしまうのでしょうか。

    内装を見るとバリアフリーの関係かと思いますが、1段上がったところに座席がないのでワイドビュー感が減りそうで心配なのと普通車の座席やテーブルがあっさりしすぎて、高山線内のカーブや岐阜からのY字ポイント110キロ通過を車内で耐えられるものか気になります。
    が、耐久試験もするのできっと大丈夫なんでしょう。
    キハ85もだいぶくたびれてきているのでHC85系期待しています。

  2.  - 質 問 - この特急列車を担当する運転士には「気動車用」「電車用」どちらの運転免許証が求められるのでしょうか。

  3. JR東海においては新形式なので
    電気車運転免許所持者、内燃車運転免許所持者もそのままでは乗務不可

    HC85系の乗務担当になる際は「必ず補完教育研修」を受ける事なるようで
    研修を済ませさえすれば「どちらの免状でも乗務が可能」になるそうです

  4. 諸外国では
    エンジンを2台にする代わりにMーTーMーTのユニットで編成を組み、T車にパンタグラフとバッテリーや変圧器及び整流器を搭載して電化区間ではエンジンを停止して電車として走行させる「バイモードハイブリッド」が地域間特急車両の主流になっており、特にアメリカのニューヨークやフランスでは「電化区間での内燃動力走行」は絶対禁止になりつつあるので、HC85はせいぜいローカル線の普通列車、もしくはミュールーズの博物館で「ガラパゴス化した製品しか作れない日本を代表する製品」として展示されるのみ、と言う末路しか思い浮かびません。
    量産時にはMーTーMーTーMのユニット方式として飯田線の373系置き換え用としても使用可能とすべきです。これにより型式統一と「発電ユニットのパッケージ化による整備性向上とコスト削減」も行うべきです。