長崎駅に13階建て新駅ビル建設 新幹線開業で長崎本線高架化 高級ホテル開業も計画

長崎駅が大きく生まれ変わります。

Large 191213 jrqnagasaki 01

拡大画像

完成イメージ。敷地北から南の長崎港を望む(画像:JR九州)。

 長崎市とJR九州は2019年12月12日(木)、長崎駅の周辺再整備と新駅ビルの開発概要を発表しました。

 長崎市とJR九州は同日、長崎駅周辺のまちづくりに関する連携協定を締結しました。駅周辺は市が進める区画整理事業で、JR九州の用地(約1.8ヘクタール)が新たに生まれます。2022年度の長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)武雄温泉~長崎間の暫定開業に向け、現在、駅周辺は新幹線の建設をはじめ、在来線である長崎本線の高架化や、土地区画整理事業などが進行中です。

 整備計画によると、既存の商業施設「アミュプラザ」やホテルは基本的にそのままで、西側の新駅とのあいだに新たに駅ビルを建設します。駅ビルの敷地面積は約1万8000平方メートル、延床面積は約11万4000平方メートル。地上13階建て、高さ60mで、店舗やホテル、オフィス、駐車場などが入る予定です。

 ホテルは約200室で、マリオット・インターナショナルの高級ブランド「マリオット・ホテル」を計画しています。開業予定は2025年度です。また、在来線と新幹線の高架下も開発し、みやげ店や飲食店などが入ります。

 2020年春に長崎本線を高架に切り替え、2021年春をめどに新駅ビルの工事に着手。2022年度の長崎新幹線暫定開業時には高架下の商業施設がオープンします。新駅ビルは2023年度に一部が、2025年度に全面が開業する計画です。

【了】

【図】現在の駅の西側に新駅ビル・新幹線・在来線を配置

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 誰が為の事業なんだろうか?