快速「エアポート」毎時5本に&特快設定 区快「いしかりライナー」廃止 3月ダイヤ改正

特急は名前の「スーパー」がなくなります。

Large 191213 jrhsapporo 01
733系電車の快速「エアポート」(2017年10月、草町義和撮影)。

 JR北海道は2019年12月13日(金)、ダイヤ改正を2020年3月14日(土)に実施すると発表しました。

 小樽~札幌~新千歳空港間を結ぶ快速「エアポート」は、1時間あたり片道4本から5本に増発。1日あたりだと116本から148本に本数が増えます。運転間隔は現在の15分から、11~14分に短くなります。

 増発する「エアポート」のうち4本(2往復)は特別快速として運転。札幌~新千歳空港間は、途中、新札幌と南千歳のみに停車し、最短33分で走ります。札幌発は6時56分「66号」と8時02分「80号」、新千歳空港発は20時46分「207号」と21時55分「219号」です。

 早朝には、手稲5時30分発、札幌5時50分発、新千歳空港6時28分着の快速「エアポート50号」と、新千歳空港6時39分発、札幌7時19分発の快速「エアポート61」号が新設されます。

【時刻表】1日4本! 特別快速の「エアポート」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント