「列車で寝過ごし武勇伝」を聞いた 8割以上が経験 寝過ごし防止の工夫も聞いた

通勤・通学帰りの列車での寝過ごし経験に関するアンケートを実施。どのようにして起きたか、最も遠くだとどこまで寝過ごしたかを質問したほか、寝過ごさないように気を付けていることも聞きました。

列車の寝過ごし 7割は「自然に自分で起きた」

「乗りものニュース」では2019年12月12日(木)から13日(金)にかけて、通勤・通学帰りの列車での寝過ごしに関するアンケートを実施。857人から回答が集まりました。

Large 191212 qnesugoshi 01
通勤通学輸送を主目的とした車両に多く採用されている、長いロングシート(2016年2月、乗りものニュース編集部撮影)。

「あなたはこれまで、通勤・通学帰りの列車で寝過ごした経験はありますか?」という質問に対し、82.5%(707人)が「ある」、17.5%(150人)が「ない」と回答。

「ある」と答えた人に「通勤・通学帰りの列車で最近寝過ごしたとき、どのようにして起きましたか?」と質問したところ、結果は、「自然に自分で起きた」が最多で68.9%、次いで「車内や駅の放送を聞いて自分で起きた」15.1%、「車掌・運転士や駅員に起こされた」14.1%でした。

「その他」は1.0%、「ほかの乗客に起こされた」は0.8%です。「その他」では「気付いたら駅のホームで寝てた」(50~54歳、男性)、「親にスマホに電話してもらって」(25~29歳、男性)などの回答がありました。

「通勤・通学帰りの列車で、これまでで最も遠くだと、どこまで寝過ごしましたか? 降りようと思っていた駅からのだいたいの所要時間でお答えください」との質問では、「11~30分」が最も多く28.9%。続いて「31~60分」19.0%、「6~10分」17.3%、「1~5分」16.7%、「121分以上」7.4%、「61~90分」7.2%、「91~120分」3.7%という結果です。およそ6割の人は、降りようと思っていた駅から30分以内に気付いたことになります。

「電車寝過ごし防止機能」があるアプリ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント