座席指定列車「THライナー」6月登場 東武線・東京メトロ日比谷線直通 朝や夕夜間運転

新造の東武70090型電車を使用します。

Large 191219 tobuthliner 01

拡大画像

「THライナー」に使う東武鉄道の70090型電車(画像:東京メトロ)。

 東武鉄道、東京メトロは2019年12月19日(木)、座席指定列車「THライナー(ティーエイチライナー)」を2020年6月6日(土)から運転すると発表しました。

 平日・土休日の朝と夕夜間に東武線と東京メトロ日比谷線を直通運転します。区間は、上りが久喜~恵比寿間、下りが霞ケ関~久喜間です。途中、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷と、東京メトロ日比谷線の上野、秋葉原、茅場町、銀座、霞ケ関、虎ノ門ヒルズ(2020年6月6日開業)、神谷町、六本木、広尾に停車します。

 上りは東武線内が乗車のみ、日比谷線の上野~銀座間が降車のみ、霞ケ関~恵比寿間はフリー乗降扱いに、下りは日比谷線内が乗車のみ、東武線内が降車のみの扱いになります。

 運転本数は、平日の上りが、久喜発6時台と8時台の計2本、下りが霞ケ関発18~22時台で毎時1本・計5本、土休日の上りが久喜発8時台と9時台の計2本、下りが霞ケ関発16~20時台で毎時1本・計5本の予定です。

 列車愛称「THライナー」には、東武線(T)と日比谷線(H)、東京(T、都心)とホーム(H、自宅)を結ぶライナー、という意味を込めたとのこと。

 車両は東武鉄道の新造車両である70090型電車が使われます。ベースは既存の日比谷線直通用70000型電車ですが、座席は窓を背にして座るロングシートと、2人掛けが進行方向に向くクロスシートに切り替わります。「THライナー」のクロスシート時は、各座席で荷物フックやドリンクホルダー、電源コンセントを使えます。「TOBU FREE Wi-Fi」も提供されます。

 運転時刻や料金などの詳細は今後発表される予定です。

【了】

【路線図】「THライナー」の運転区間と停車駅

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191219 tobuthliner 02
  • Thumbnail 191219 tobuthliner 03
  • Thumbnail 191219 tobuthliner 04
  • Thumbnail 191219 tobuthliner 01

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント