FFは異端な戦車世界 イスラエル「メルカバ」なぜフロントエンジン フロントドライブ?

世界的には戦車のエンジン配置は車体後部が主流です。しかし世界には、あえて主流から外れて、車体前部にエンジンを搭載する戦車があります。イスラエルが独力で開発した「メルカバ」。なぜ独自路線を突き進んだのでしょう。

メルカバのコンセプトにはイスラエル史の影響大

 エンジンは自動車にとっての「心臓」と表現されることもありますが、エンジンが重要なのは戦車も同じです。戦車にとってもエンジンは機動力の要であり、エンジンが破壊されると走行不能に陥るため、世界のほとんどの戦車は被弾しにくい車体後部にエンジンを配置しています。

Large 191218 merkava 01

拡大画像

メルカバシリーズの最新型である「メルカバ」Mk.4(画像:イスラエル国防軍)。

 しかし、このように重要なエンジンを、あえて被弾しやすい車体前方に配置した戦車があります。その名は「メルカバ」。中東の国イスラエルが生み出した、ヘブライ語で「神の戦車」という意味の名前を与えられた戦車です。同車は、なぜ世界の主流とは異なるフロントエンジン構造になったのでしょう。

 それには、イスラエルの歴史と地政学的要因が大きく影響しています。イスラエルの建国は1948(昭和23)年5月14日です。このイスラエルの建国宣言にアラブ人は反発し、周辺のエジプトやシリア、ヨルダンなどのアラブ国家と戦争になりました。イスラエルは多くの犠牲を出しながら休戦に持ち込み、国の存続に成功しました。

 そのような経緯から、その後もたびたびイスラエルとアラブ諸国は戦火を交えます。文字通り「四面楚歌」状態で70年以上、イスラエルは国を維持してきたのです。

【写真】イスラエルでは当たり前 「メルカバ」に乗る女性戦車兵

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 中東で最も優しい世界

  2. 20年以上前の話。こんな防御は今の戦車には通用しない。そもそもメルカバは砂漠で戦う前提だから車体は隠れるから被弾しにくい。