F-4「ファントムII」と共に半世紀 愛されキャラ「ファントム ザ スプーク」って何者?

航空自衛隊のF-4EJ改など、「ファントムII」の特別塗装機には時折、大きな帽子と長いローブに身を包む魔法使いのような、なにやら怪しげなキャラクターが描かれていました。名前は「ファントム ザ スプーク」……何者なのでしょうか。

F-4「ファントムII」と共に消えゆく「愛されキャラ」

 2020年度末をもって、日本からF-4「ファントムII」戦闘機はすべていなくなります。数少ない運用部隊のひとつであった航空自衛隊第302飛行隊は、2018年度末にF-4EJ改の運用を終了し、三沢基地でF-35戦闘機の運用部隊となりました。F-4戦闘機の偵察機型であるRF-4EやRF-4EJを運用している同第501飛行隊も2019年度末にその任務を終了し解隊となり、最後に残った同第301飛行隊も2020年度末までに、F-35への機種転換が行われます。

 これら消えゆく航空自衛隊のF-4「ファントムII」とともに、もうひとつ姿を消すものがあります。それが「ファントム ザ スプーク」です。

Large 191225 pts 01

拡大画像

2018年に披露された、航空自衛隊第302飛行隊のF-4EJ改「ファントムII」特別塗装機。右の翼に「ファントム ザ スプーク」の姿(凪破真名撮影)。

 前述のように2018年度末にF-4EJ改の運用を終えた第302飛行隊は、その最後の記念塗装として、胴体に大きなオジロワシを描いた白と黒の2機のスペシャルマーキング機をお披露目しました。そしてその翼には、魔法使いのようなキャラクターが描かれているのを見た人も多いでしょう。大きな帽子、長いローブ、堂々としたポーズ、怪しい表情。これがF-4のイメージキャラクター「ファントム ザ スプーク」です。

【写真】RF-4Eのエアインテークからひょっこり「ファントム ザ スプーク」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント