空自が「航空宇宙自衛隊」に? 実はもう地球では珍しくない「宇宙軍」 何をするのか?

宇宙へと活動領域を拡大する予定の航空自衛隊は、1954年の発足以来、初めてその呼称が見直される見込みです。その名も「航空宇宙自衛隊」。こうした「宇宙軍」的な組織呼称は、実は世界的にそう珍しいものではありません。

自衛隊発足以来初めての改称は「宇宙」

 日本政府が、航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する方向で調整に入ったことを、2020年1月5日(日)、国内複数のメディアが報じました。

 従来より、各国の軍では宇宙空間が作戦エリアになることは認識されており、航空自衛隊も宇宙を担当する専門部隊として「宇宙作戦隊」の新設を2020年度に計画しています。航空自衛隊の管轄分野が宇宙に広がり、人工衛星の監視などが任務に加わるため、今回の「航空宇宙自衛隊」への改称は、それを踏まえたものと見られます。

Large 200106 aerospace 01

拡大画像

航空自衛隊が2020年1月現在、運用する戦闘機4種(画像:航空自衛隊)。

 海外では、すでに「航空宇宙軍」や「宇宙軍」という名称を用いる組織は実在し、世界的には珍しくなくなりつつあります。いくつか事例はありますが、「航空宇宙軍」や「宇宙軍」といっても、国によってスタンスは違い、大きく分けて2種類あります。

 ひとつは、従来の陸軍や海軍などと同じ立ち位置で、独立した軍種として存在する場合、これにはロシアやイスラエル、アメリカなどが当てはまります。ただし前2か国は、空軍能力もあり、地球表面、すなわち陸地や海洋以外の空以上のエリアを受け持つ軍隊として「航空宇宙軍」として組織化されているのに対し、アメリカは空軍とは別に「宇宙軍」を新設した形をとっています。

 とはいえ、アメリカ宇宙軍も2019年12月20日に発足したばかりで、それまではフランスと同じような統合軍型(後述)の「宇宙軍」で、人員は空軍軍人主体でした。そのようなわけで2020年1月現在、司令官は空軍大将であり、制服も独自のものを制定するといったことはしていません。

 ロシアやイスラエルも「航空宇宙軍」と名乗っているものの、一般的には「ロシア空軍」、「イスラエル空軍」という呼称で、「航空宇宙軍」と正式名称で呼ばれるのはまれです。

【写真】アメリカ宇宙軍のオペレーションセンター内部の様子

画像ギャラリー

  • Thumbnail 200106 aerospace 03
  • Thumbnail 200106 aerospace 01
  • Thumbnail 200106 aerospace 02

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 配信停止してください

    • わかりました

    • 平素は格別のお引立てを賜り、
      厚くお礼申し上げます。

      「乗りものニュース」編集部です。
      このたびはご不便をおかけし申し訳ございません。

      新着記事のプッシュ通知の解除ですが、
      https://trafficnews.jp/contact/new
      を参照いただけますようお願い申し上げます。