30tの艦載機が2秒で300km/h!空母の蒸気カタパルト脅威の加速どう実現?米仏のみ運用

モノになるか電磁カタパルト

 ただし蒸気式は、製造や整備に技術やノウハウが必要で、世界でもイギリスとアメリカしか開発できませんでした。ソ連(当時)は最後まで実用化できず、フランスは自国空母用の蒸気カタパルトをイギリスやアメリカから輸入しました。

 また発明元のイギリスも、空母でのカタパルト運用を止め、艦載機をVTOL(垂直離着陸)機のみにしたため、いまでは蒸気カタパルトを独自に開発し、運用までしているのはアメリカ1国のみです。

Large 200115 catapult 03

拡大画像

在日アメリカ海軍横須賀基地で整備中の空母「キティホーク」のカタパルト(当時)。シリンダーが2本並列で並んでいるのがわかる(画像:アメリカ海軍)。

 アメリカは現在、次世代のカタパルトとして電磁式を開発しています。このタイプは蒸気式よりもさらに細かく射出力の調整ができ、圧力充填も必要なく、整備性にも優れ、なおかつ装置全体の小型軽量化が図れることから、最新の原子力空母「ジェラルド・R・フォード」に搭載しテスト中です。

 現時点では性能に不満があるのか、今後、就役する空母はまた蒸気カタパルトに戻すとしましたが、中国やロシアも電磁カタパルトの研究開発に乗り出しており、アメリカも電磁式の開発は続けるでしょう。

 なお、アメリカ空母から戦闘機などがカタパルト発進する際、甲板上に白い煙が漂っていることがありますが、これは蒸気カタパルトから漏れた水蒸気です。温度が下がり白い湯気になったもののため、電磁カタパルトでは発生しません。

 また現用のアメリカ空母の蒸気カタパルトの場合、射出時には約3Gの荷重がかかります。パイロットや艦載機はこれに耐えており、だからこそ艦載機は頑丈で脚も太い造りです。

【了】

【写真】発艦準備OK! カタパルト射出を待つF-14「トムキャット」戦闘機

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. アメリカ人が蒸気式カタパルトになれてるから電磁カタパルトじゃあなくなるんじゃないの?

  2. アメリカ以外で唯一
    フランスの原子力空母
    「シャルル・ド・ゴール」
    カタパルトはアメリカ製(笑)