往復180万円のエミレーツ航空B777「ファーストクラス」どんな感じなのか? 体験展示へ

内装の豪華さから「空飛ぶ宮殿」とも呼ばれるA380を運航するエミレーツ航空、一方で羽田空港発着路線で運航しているのはボーイング777です。このファーストクラスを展示するイベントで、A380に負けない豪華設備の数々を体験してきました。

「空飛ぶ宮殿」エミレーツA380 対しB777のFクラスは?

 アラブ首長国連邦のドバイに本拠を構えるエミレーツ航空が、2020年2月3日(月)から2月16日(日)まで、六本木にあるメルセデス・ベンツのアンテナショップ「Mercedes me Tokyo」にて、国際線旅客機のファーストクラスを体験できるイベントを実施しています。2月6日(木)、実際に体験してきました。

Large 200206 emirates 01
エミレーツ航空のボーイング777-300ER型機(画像:Mark Harkin[CC BY-SA〈https://bit.ly/3741e3C〉])。

 エミレーツ航空といえば、総2階建てであるエアバスA380型機のローンチカスタマー(航空メーカーにそのモデルの開発を後押しする航空会社)で、成田空港や関西空港にも同型機を飛ばしています。

 そしてそれらA380型機の内装は「空飛ぶ宮殿」とも呼ばれ、シャワールーム付きの豪華なファーストクラス設備などが知られています。世界でもっともリッチなシートを供する航空会社のひとつでしょう。

 一方、羽田空港を発着するエミレーツ航空便は、滑走路などの制約があることから、前出のA380型機ではなく、ボーイング777-300ER型機で羽田~ドバイ線を運航しています。ところがこの機のファーストクラスも、「空飛ぶ宮殿」と負けず劣らずの豪華さです。前述のイベントではこの、777-300ER型機のファーストクラスシートを体験することができます。ちなみに実際の往復運賃は、通常180万円前後といいます。

 実機におけるファーストクラスの座席配置は横1-1-1列、全席が完全個室で、その空間は1席あたり最大2畳ほどです。本革製のシート、最先端というコントロールパネル、照明などは、メルセデスベンツの最高級車シリーズのひとつ「Sクラス」から着想をうけたデザインといいます。

 レザーシートは全自動でフルフラットになり、シーツなどをセットをすると完全なベッドにすることができるほか、通常の着座体制でも足置きやリクライニングなど、11か所を動かすことができ、細かい調節が可能です。シートのかたわらにはクローゼット式の収納スペースが設けられるなど充実しています。

新機能満載のエミレーツ航空「ゲーム・チェンジャー」を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント