「乗り換えついでに駅の個室で仕事」東京メトロ 駅にワークスペース設置 その内部は?

テレワークなど、オフィスに常駐しない働き方が浸透しつつある昨今ですが、それを後押ししそうな施設が東京メトロの地下鉄駅に登場します。エアコンや電源、Wi-Fiなど設備も充実の個室型ワークスペース、実際どのようなものでしょうか。

駅構内の個室「ココデスク」 電源コンセントや液晶モニターもあり

 東京メトロが2020年2月20日(木)より、駅構内でデスクワークなどができる個室型ワークスペースの提供を開始します。サービス開始前の2月17日(月)、溜池山王駅(東京都千代田区)に設置されたものが報道公開されました。

Large 200217 cocowork 01

拡大画像

東京メトロ溜池山王駅の南北線改札付近に設置された個室型ワークスペース「ココデスク」(2020年2月17日、大藤碩哉撮影)。

「ココデスク(CocoDesk)」と名付けられたブース型のこの施設は、幅1.3m、奥行1.0m、高さ2.1mのスペースにデスクとチェア、電源やWi-Fiのほか、エアコン、液晶モニターなどを配します。デスクの下は、キャリーバッグを置いても足元に余裕のある広さが確保されています。

 また周囲の雑踏やセキュリティへの対策として、「ココデスク」のブースには防音パネルが使用されており、室内は静かに、またテレビ会議などによる会話も室外へ漏れないよう設計されているそうです。

 東京メトロは「ココデスク」について「溜池山王駅には、銀座線と南北線の改札付近に計3台、設置します。2020年3月末までには10駅に設置し、さらに今後は東京メトロの駅で100ブース設置する予定です」と話します。

【写真】「ココデスク」ブース内の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント