高速バス 2020年春の新路線&消える路線 空港便利に JR最長路線など長距離は縮小傾向

高速バス 4月は新路線開通ラッシュ!

 4月は多くの新路線が誕生します。

京阪バス 枚方・高槻・長岡京~亀岡線「みつひでライナー」

・運行開始日:2020年4月4日(土)

 大阪府枚方市の京阪電鉄枚方市駅から、JR高槻駅、高速長岡京(阪急西山天王山駅)を経てJR亀岡駅までを結ぶ路線で、2020年12月6日(日)までの期間限定で毎日運行されます。京都府亀岡市は、NHK大河ドラマ『麒麟が来る』の主人公である明智光秀ゆかりの地であり、1月にはサッカーJリーグ「京都パープルサンガ」のホームスタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA」が完成したばかり。亀岡の観光や、スポーツ観戦などの利用を見込んで開設される新路線です。

濃飛バス/加越能バス/イルカ交通 高山~白川郷~高岡線

・運行開始日:2020年4月10日(金)

 岐阜県高山市と富山県高岡市のあいだを結ぶ路線は、以前、加越能バスが単独で運行していましたが、2019年9月に廃止されています。同社によると今回の新路線は、岐阜県の白川郷を経由するため、以前のものとルートが全く異なるとのこと。高山、白川郷とも外国人観光客に人気で、この2区間を結ぶバスの利用が非常に多いことから、さらに高岡へ抜けるという新たなルートを開設するそうです。

しずてつジャストライン/ウィラー 静岡~羽田空港線

・運行開始日:2020年4月21日(金)

 羽田空港の国際線ターミナルに隣接する複合施設「羽田エアポートガーデン」のオープンとともに、同施設のバスターミナルへ乗り入れる新路線です。

伊豆箱根バス/東海バスオレンジシャトル/ウィラー 三島~羽田空港線「三島羽田シャトル」

Large 200228 bus 02

拡大画像

左から伊豆箱根バス、東海バスオレンジシャトル、ウィラーの車両。「三島羽田シャトル」を運行する(画像:ウィラー)。

・運行開始日:2020年4月21日(金)

 静岡~羽田空港線と同日に運行を開始する、静岡県の三島市と羽田空港を結ぶ新路線です。ウィラーはこのほか、首都圏と各地を結ぶ既存の名古屋線、長野線、仙台線、新潟線についても、一部の便を羽田エアポートガーデン経由に変更します。

【ギャラリー】2020年春の高速バス新路線をイッキ見!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント