どこまで下がるガソリン価格 レギュラー100円切る店も 新型コロナだけでない要因

ガソリン価格が下落し続け、ついにレギュラー1Lあたり100円を切る価格で販売する店舗も登場しました。新型コロナウイルスの影響下、今後も価格は下落するというのが大筋の見方ですが、地域間の価格差がより拡大する可能性もあります。

下落し続けるガソリン価格 5年強ぶりの下げ幅記録

 ガソリン価格の下落が続いています。資源エネルギー庁が発表した2020年3月23日(月)時点におけるレギュラーガソリンの、店頭現金小売価格の平均は、1リットルあたり139.6円でした。価格下落は9週連続、また前の週から3.9円の値下がりで、下げ幅としては約5年2か月半ぶりの水準を記録しています。

 そこから数日間、価格下落はさらに進んでおり、ガソリン価格比較サイト「gogo.gs」によると、3月25日(水)時点のレギュラーガソリン1リットルあたりの平均販売価格は134.9円になっています。なかには、3月24日(火)から全油種で10円下げたという店舗や、レギュラー1リットルあたり100円を切る価格を打ち出している店舗もあるなど、店舗間や地域間における価格差も大きくなっている様子がうかがえます。

Large 200326 gasoline 01
ガソリン価格が下がり続けている。写真はイメージ(画像:PaylessImages/123RF)。

 資源エネルギー庁の価格調査を受託している、一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センターによると、「今後も下がることを見越して、インパクトのある価格を打ち出している店もあるかもしれません」とのことですが、実際、ガソリンスタンドへの卸値が下がっていることも、販売価格に反映されているといいます。

「新型コロナウイルスの影響による世界経済の停滞、そして石油需要の減退を懸念する動きもありますが、3月上旬の『OPECプラス会合』で産油国どうしの減産交渉が決裂し、サウジアラビアやロシアが逆に4月から増産すると表明したことで、供給過剰への警戒感も高まりました。これを受けて、日本の石油元売り各社も卸値を下げています」(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター)

 なお、3月26日(木)時点でレギュラー1Lあたり93円という破格で販売している店舗にその理由を聞いたところ、「オープン記念だから」といい、このままこの価格での販売を続けるかはわからないとしています。周辺では、これに競合する形で他店も100円以下の価格を打ち出してはいますが、エネ研・石油情報センターによると、こうしたケースでは急に価格が大幅に上がる可能性もあり得るといいます。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【グラフ】大幅下落の地域も レギュラーガソリン価格推移

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント