西武の路線バスが一新 67年ぶりデザイン変更 青基調 「縦のバス路線」イメージ

「笹の葉デザイン」からガラッと変わります!

Large 200409 seibunew 01

拡大画像

西武バスの新カラーリングデザインイメージ(画像:西武バス)。

 西武バスは2020年4月9日(木)、同社の路線バスにおける新カラーリングデザインを発表しました。現在の「ピーコックブルーの笹の葉デザイン」から、じつに67年ぶりの変更だそうです。

 新デザインは、西武グループのコーポレートブランドカラーである「Seibu Blue」、「Seibu Light Blue」「Seibu Green」を基調に、ディープブラックやホワイトなど計8色を使用。車体側面を中心に、複数の色の帯が斜めに配されますが、これは鉄道(横の糸)とバス路線(縦の糸)が重なりあう、西武バス営業エリアの交通網を「布(クロス)」に見立てて表現したものだそうです。

 この「クロスデザイン」はシートのモケットにも採用。また新デザイン車両には最新の安全装置であるEDSS(ドライバー異常時対応システム)も搭載し、愛称を「S-tory(エストリー)」とするといいます。

 今回のデザインは、西武バス社員からなる「西武バスチャレンジプロジェクト」メンバーが、沿線にゆかりのあるプロダクトデザイナー、畠 浩之さん監修のもと検討を進め、決定したといいます。畠さんはこれまで、レクサスやトヨタ「クラウン」「アルファード」などのデザインにも携わっています。新デザイン車両の運行開始は2020年4月下旬から5月上旬の予定で、2020年度は約40両を導入予定だそうです。

【了】

【画像】正面から見た新デザイン車両&現行デザイン

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント