「大きい鉄道車両」5選 車体や窓からパワーまで尺度いろいろ 大きな車輪は背丈越えも

新幹線から路面電車まで、鉄道車両の大きさはまちまち。車体そのもののほか、窓やドア、車輪など、5つの尺度で「大きさ」を見ていきます。とはいえ何でも大きければよいというものでもなく、その後小さくなったものも見られます。

車両限界と建築限界の範囲内で決まる車体

 鉄道車両は車体が架線柱などの構造物に接触しないよう、「車両限界」「建築限界」という大きさの範囲が決められています。

 たとえばJR在来線の場合、トンネルの大きさで例外的に車高が制限される路線もありますが、一般的な大きさとして正面から見たときに全幅3000mm以内、全高4100mm以内と決められています。日本の在来線ではこの範囲内で車両の大きさが決まり、このほかカーブで車体がこの車両限界からはみ出さないよう車体の幅、全長が決まります。

Large 200411 huge 01

拡大画像

新幹線でも最大級の大きさを誇るE4系と、連結されたミニ新幹線の400系(写真後方)。大きさの違いがよくわかる(2006年7月、児山 計撮影)。

 こうして車体の大きさが決まると、車両のスタイルをどうするか鉄道会社は考えます。このときドアや窓、車輪などの大きさを用途に合わせて決めるほか、どのくらいのスピードで走るのかといった性能もデザインされていきます。もちろんドアや窓の大きさは車両によってまちまちですし、見えないところでは車両の「パワー」もその目的によって変わってきます。

 ここではそうした「大きい車両」を5つの尺度で見ていきます。なお以下内容は2020年4月現在のものです。

新幹線は車体が大きい

 新幹線の車両限界は在来線よりも大きく、その大きさいっぱいで造られたのが、東北・上越新幹線のE4系新幹線をはじめとする2階建て車両です。

 E4系の場合は全長2万5700mm、全幅3380mm、全高4485mmと、新幹線の車両限界(幅3400mm、高さ4500mm)いっぱいの大きさで造られています。これによって2階建てでも室内の高さ1900mmを確保。座席数も8両編成で817席と絶大な輸送力を誇ります。

 JRの在来線では、たとえばJR四国5000系は全幅2950mm、全高4070mmと車両限界いっぱいの設計となっていますが、新幹線には一歩譲ります。

【写真】パワーが大きい車両 長い坂を上る機関車

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 新幹線と在来線の架線電圧が間違ってますよ。

  2. 電圧2300Vではさすがに200km/h以上は出ないと思うの……。一部の欧州鉄道で採用されてる直流3000Vだと200km/h出せるかもしれませんが。新幹線25000V、在来線20000Vですな。アメリカなら11000Vやドイツの15000Vでも高速鉄道走らせてるみたいですけど。
    ちなみに750Vでも100km/hは出せるけど編成の車両数が少なくなるのでって話ですね(京阪が750V→1500V昇圧の際に出した広報誌でそんなこと書いてた)。
    ちなみに日本では750Vで最長編成は大阪メトロ御堂筋線及び相互直通する北大阪急行線の19m車10両編成ですかね。地下鉄そこまで高速運転しないから行けるんだと思うんですけど。