JR東日本 新幹線の指定席発売を見合わせへ 中央線と常磐線の特急も対象

「あずさ」「ひたち」などが対象です。

Large 200427 jreuya 01

拡大画像

特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」などに使われるE353系電車(画像:写真AC)。

 JR東日本は2020年4月27日(月)、新型コロナウイルスの影響で利用が減少していることを受け、5月28日(木)以降の新幹線と中央本線の特急、常磐線の特急について指定席の発売をいったん見合わせると発表しました。対象の列車は次のとおり。

●新幹線
・東北・北海道新幹線:はやぶさ、はやて、やまびこ、なすの
・秋田新幹線:こまち
・山形新幹線:つばさ
・上越新幹線:とき、たにがわ、Maxとき、Maxたにがわ
・北陸新幹線:かがやき、はくたか、あさま

●在来線特急
・中央本線:あずさ、かいじ、富士回遊
・常磐線:ひたち、ときわ

 これらの列車はゴールデンウィークの利用状況や社会情勢などを踏まえ、一部が運休する可能性があります。5月中旬に計画が確定し、運転する列車と指定席の発売日が発表される予定です。

 JR東日本では、6月中の特急「成田エクスプレス」「踊り子」「サフィール踊り子」と新幹線のグランクラス、臨時列車(一部除く)について、すでに指定席の発売を見合わせると発表しています。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. まさかの全中止…これから暫定ダイヤを必死に作るんだろうな…