日本との違いにびっくり! 車掌が拳銃 地平線の夕日…海外鉄道の思い出&ユニーク体験

忘れられない海外の鉄道旅行の思い出

 海外の鉄道旅行で印象に残ったエピソードも多く寄せられました。

・数年前、台湾で高雄から台北まで在来線の特急を利用しました。チケットは乗車前日に窓口でゲット。新幹線では味わえない旅情は最高でした。(50~54歳、男性)
・ロサンゼルスからシカゴまで1本の列車で片道40時間乗り通したこと。景色のスケールの大きさは日本では味わえないものだった。(30~34歳、男性)
・オーストラリアのインディアンパシフィック鉄道に乗った時、朝日の出の時に見た風景と日没の時の風景が同じ、地平線でした。(30~34歳、男性)
・(オーストラリアの)インディアンパシフィック号に誕生日に乗車。見ず知らずの方々と食事の席が一緒で、食事中の会話で自分の誕生日を話すとそのテーブルだけでなく周りからもお祝いしていただきました。(45~49歳、女性)
・ポーランドのワルシャワからクラクフまで奮発して1等車に乗ったが、同じコンパートメントにいたアメリカとイギリスの若者が意気投合してビール飲みまくりでひどい目にあった。(55~59歳、男性)
・アムトラックのシアトル~バンクーバー(カナダ)を結ぶカスケード号に乗った時に、海側(ピュージェット湾)の車窓風景が非常に美しかった!(50~54歳、男性)
・中国 瀋大線の寝台列車に乗った時のこと。夕方に走り出し、ひたすら旧満州の広野を走り続けるなかで、西側の地平線に紅い夕陽が沈むとき、東側の地平線から大きな満月が昇り始め、左手に太陽、右手に満月というスケールの大きな景色を堪能できたことは、一生忘れられない想い出になりました。(55~59歳、男性)
・4人席で、向かい合わせの知らない人が、突然ハムと野菜とまな板を取り出し、サンドウィッチを作り始めたこと(50~54歳、男性)
・フランスで大型犬の飼い犬が乗ってきた事。大人しくてとても可愛かった。(45~49歳、女性)
・シベリア鉄道に乗った時は、さすがの乗り鉄でも早くモスクワに着いて、揺れないベッドで寝たいと思った。(55~59歳、男性)

【写真】どこまで潜る? ロシアの地下鉄 長すぎるエスカレーター

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント