模型のデコトラ実車はあるの? 「デコトラ」呼称の産みの親アオシマ 40年の熱き想い

青島文化教材社が手掛けているプラモデルの「デコトラ」、これらは実在するものなのでしょうか。ある映画のブームをきっかけに、40年以上も続く「アオシマのデコトラ」、その模型制作の舞台裏を聞きました。

「修羅雪姫」「島根のブリ麿」「ヤンキーメイト」…実在?

 いわゆる「デコトラ」のプラモデルシリーズを長年にわたり展開しているのが、静岡県の模型メーカー、青島文化教材社です。2020年現在、デコトラ関係のプラモデル新製品を開発し続けているのは、同社のみだそうです。

 たとえば2010(平成22)年から続く「1/32バリューデコトラ」シリーズは、「修羅雪姫(深箱ダンプ)」「島根のブリ麿(冷凍トレーラー)」「ヤンキーメイト(4t可動ウイング)」といった商品が、これまで50種以上も展開されています。どれも、“それっぽい”車体ペイントや装飾が施されたものですが、これら車両は実在するのでしょうか。どのように取材しているのか、青島文化教材社に聞きました。

Large 200501 deco 01

拡大画像

バリューデコトラ「二代目髑髏丸(大型冷凍車)」(画像:青島文化教材社)。

――プラモデルのデコトラは、実在するのでしょうか?

「1/32バリューデコトラ」は、すべて架空のクルマで実在しません。一方、上位シリーズである「1/32バリューデコトラExtra」は全車実在し、実車を再現しています。

――制作にあたり、実車のドライバーに取材をするのでしょうか?

 実車を再現する「バリューデコトラExtra」は、取材をガッツリ行い、オーナーさんともいろいろな話をして、思いやこだわりを商品に反映するよう努力しています。一方、架空のクルマを展開する「バリューデコトラ」の制作に際しては、取材はありません。

【画像】「修羅雪姫」「島根のブリ麿」…作り込みがスゴイ! アオシマのデコトラを画像でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント