明治通りに口を開けたトンネル どこへ? 未完の環状5号線 新宿と池袋で進む大工事

新宿と池袋の近辺で「環状5号線」のトンネル工事が進行中です。環状5号線は大部分が明治通りに相当しますが、計画から70年を経てなお存在する未開通区間が、ようやくつながろうとしています。

「明治通り≒環状5号線」 環5に未開通区間あり

 2020年6月現在、新宿と池袋の近辺で、それぞれトンネル建設を含む道路の新設工事が行われています。いずれも「環状5号線」の工事です。

 環状5号線は、その大部分が「明治通り」に相当する都市計画道路です。明治通りは港区の古川橋交差点から北西へ、渋谷、新宿、池袋の3大ターミナル駅付近を経由しつつ、北区や墨田区を経て、東京湾岸道路の夢の島交差点(江東区)までを環状に結びます。

 しかし、都市計画道路としての環状5号線には、いまなおふたつの未開通区間が存在します。それが冒頭に述べた新宿と池袋の2か所で、これらをつなぐための工事が進められているのです。

Large 200604 kan5 01

拡大画像

明治通り、千駄ヶ谷5丁目付近に口を開けた環状5号線のトンネル(2020年6月、中島洋平撮影)。

 未開通区間の場所は新宿側が、新宿高島屋付近から新宿御苑の北西端までの約800mです。ここは御苑の環境保全などのため、もともと地上に片側2車線道路をつくる計画が変更され、外回りは地下トンネル、内回りは地上の2層構造とすることで、道路用地を縮小したということです。6月現在、明治通りの千駄ヶ谷5丁目付近には、道路の中央部にそのトンネルの入口が見えています。

 池袋側は、明治通りの学習院下交差点から東京メトロ雑司ヶ谷駅を経て、豊島区役所付近に至る約1.4kmです。こちらのルートは地上に都電、地下に東京メトロ副都心線が走っており、副都心線のトンネルの上部に本線の道路トンネルが、地上の都電の両脇に側道が構築されています。

【地図】環状5号線の全体図 「=明治通り」ではない!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント