「F-35は欠陥機で売れてない」は本当? 2019年の戦闘機生産シェアから真実を探る

日本も大量調達を決定したF-35戦闘機ですが、国内にはこれを欠陥機とする、ネガティブな声も根強く聞かれます。世界はF-35をどのように見ているのでしょうか。2019年の戦闘機生産数シェアからその実像に迫りました。

欠陥機報道も見られるなか…F-35戦闘機は実際どうなの?

 航空自衛隊へ配備が進む新鋭戦闘機ロッキード・マーチン F-35「ライトニングII」。日本は将来的に合計142機の調達を計画しており、これは主開発国であるアメリカを除けば2020年現在、世界で最も多いオーダーです。今後F-35は、40年から50年間は日本の防空を支える数的な主力戦闘機となることが確実となっています。

Large 200623 f35 01

拡大画像

航空自衛隊のF-35A戦闘機(画像:航空自衛隊)。

 一方で昨年、航空自衛隊において最初のF-35部隊が実働体制に入った直後に死亡事故が発生するなど、こうした事実から国内においてはいまだ欠陥機論が根強く存在します。なかには「アメリカがF-35をやめF-15を導入した(このような事実はない)」「ある国がF-35を導入しなかった」「他国がF-35を忌避するなかの爆買い」といった報道もありました。

 日本以外の国においてもF-35は欠陥機と見なされているのでしょうか。またF-35が売れていないという報道は事実なのでしょうか。2019年に製造された戦闘機の生産シェアを探ってみました。

テーマ特集「【F-35特集】気になる価格や性能、自衛隊による調達から諸外国の配備事情まで徹底解説」へ

【写真】一方ロシアが生産するのは…? 世界最大規模の戦闘機工場で製造中の機材

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント