鉄馬を駆る! 陸自偵察オートバイ隊員 どうすればなれる? その理想と現実 抱える悩み

自動車よりも機動性に優れたオートバイ、陸上自衛隊では戦闘時や災害派遣などでの情報収集に多く運用されています。どうすればオートバイ隊員になれるのか、若手隊員に聞きました。自衛隊オートバイ隊員ならではの悩みもあるそうです。

自衛隊におけるプロライダーになるための専用教習所とは

 オートバイに仕事で乗る「プロライダー」と聞くと、レーサーや警察の白バイ隊員などが思い浮かぶかもしれませんが、自衛隊にもプロライダーがいます。オフロードバイクを駆って、偵察したり情報収集したりするのが任務の彼ら、いったいどのようにその道へ進んだのか、そして抱える悩みなどを聞きました。

Large 200713 rider 01

拡大画像

オートバイに跨った飛田陸士長(左)と田村陸士長(右)。前者が被るのは戦闘用の88式鉄帽で、後者は公道用の二輪用ヘルメット(2020年6月、中野英幸撮影)。

 答えてくれたのは練馬駐屯地(東京都練馬区)に所在する第1師団第1偵察隊のオートバイ隊員に所属するおふたり、飛田鷹文(とびた たかふみ)陸士長と田村陸王(たむら りくお)陸士長です。ちなみに「陸士長」とは陸上自衛隊では下から3番目の階級で、ふたりとも20代前半の若手です。

 最初はオートバイの話から。プライベートでもオートバイに乗るのか聞いたところ、ふたりとも即答で、休みの日も乗っていると答えてくれました。またふたりとも、オンロード車とオフロード車の2台持ちの経験があるとのこと。

 しかし自衛隊に入るまで、ふたりとも2輪免許を持っていなかったとのこと。では、どこで2輪免許を取ったのかというと、入隊してからだそうです。

 自衛隊のいくつかの駐屯地には、自衛官専用の自動車教習所が併設されています。取材した訓練場のある朝霞駐屯地にも教習所があるため、ここで2輪免許を取ったのかと思いきや、首都圏近傍で2輪免許を取れる自衛隊の教習所は、静岡県御殿場市にある駒門駐屯地の施設のみ。そのため、そこへ出向いて同駐屯地で寝泊まりしながら、約1か月半かけて取ったとのことでした。

 ただし、入隊してすぐ2輪免許を取る、というわけではありません。

段差! ぬかるみ! ジャンプ! オートバイ隊員の訓練模様

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント