運転士のガイド付き 岳南電車で「旧貨物線跡&古レール探訪ミニツアー」開催 記念品も

駅の柱や安全柵にも古レールが使われています。

Large 200802 gakugaku 01

拡大画像

岳南鉄道8000形電車と7000形電車(画像:写真AC)。

 静岡県富士市内を走る岳南電車で2020年8月22日(土)、「旧貨物線跡&古レール探訪ミニツアー」が開催されます。

 ツアーは岳南電車の運転士や沿線住民ガイドとともに、沿線に残る古いレールや2012(平成24年)に廃止となった貨物線跡を、徒歩または車内から見て回るものです。吉原駅を電車で出発後、終点の岳南江尾駅までのあいだに3駅で途中下車します。同線の駅の柱や安全柵、側線などには100年前のレールが使用されています。

 集合は吉原駅改札前に午前9時半、解散は約2時間半後の岳南江尾駅です。終了後に記念品が贈呈されます。

 募集人員は10人。参加は中学生以上を原則とし、料金は2500円です。当日有効の1日フリーきっぷなどが含まれます。

 予約は電話のみです。8月4日(火)午前9時から受付が開始されます。岳南電車は参加にあたり「当日は検温、消毒、健康問診記入とマスク着用をお願いします」としています。

【了】

【写真】100年前のレールや古い貨車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント