「長寿な鉄道車両」5選 同じ形式名で約半世紀 長持ちのワケは? 引退が近い車両も

在来線車両の寿命はおおむね30年から40年ですが、車体がステンレス製で錆びにくい、などの理由でそれ以上に使われる車両も存在します。なかには半世紀以上のものも。全国のJR、私鉄から5車種を紹介します。

使用環境によるものの、実はとても長持ちする鉄道車両

 鉄道車両の寿命は会社の方針や使用環境によって長短はありますが、新幹線で13年から20年、在来線で30年から40年が経過すると、新しい車両に取り換える検討がなされます。

 車両を取り換える理由としては、「会社の方針の変更で車両の用途がなくなるケース」「機器が老朽化したが、交換部品も製造中止となっているケース」「スピードアップや施設の改良などで、車両の仕様がダイヤに合わなくなるケース」などが考えられます。逆に、こうした「廃車になる理由」がなければ、鉄道車両はいつまでも修理して使えるともいえるでしょう。

Large 200327 oldcar 01

拡大画像

京阪電鉄2600系には2000系由来の車体を持つ車両が2両含まれる。写真の2624号車は製造から60年を経過している(2016年11月、児山 計撮影)。

 今回は大手私鉄とJRの通勤形電車のなかから、2020年4月現在も現役である長寿車両5車種をピックアップしました。選定の基準は、「デビュー当初から同じ形式、車両番号を有しているもの」「車体の載せ換えが行われておらず、オリジナルの雰囲気を保っているもの」「動態保存などではなく、旅客を乗せ定期運用が行われているもの」です。

 ここで選んだ車両はいずれも40年を超えて使われている長寿の車両ですが、どの車両も入念に整備され、安全に運用できるよう不断の努力が注ぎ込まれていることはいうまでもありません。

【写真】将来は最長老か 90年近く使われる「予定」の車両

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

9件のコメント

  1. 現在クハ103ー167は走っていません。

  2. 阪急5000系のトップナンバーの8両編成は先日廃車になりました。

  3. 阪急の今津線用6両は準急運用には入りません。
    神戸線8両が運用に入ります。
    この記事の内容は情報が古く、嘘も程々に入っていますね。

  4. 阪急だったら、京都線の3300系の方が古いです。下枠交差でない大きなパンタグラフが異彩を放っています。

  5. 東武8000は?

  6.  写真の2600系はすべて2000系からの改造です。2624と2818は出自が2000系の1次車という意味ですね。30番代の4本は完全な新車です。

  7. 長嶋茂雄さんがジャイアンツを引退した年に有楽町線が開業と7000系が投入され、最初は5両編成でスタートし約9年後には倍の10両となりました。その後は副都心線でも利用されていますが、その7000系も老朽化が進み新型17000系の投入が決まり、7000系が見られるのも後僅かとなり、半蔵門線8000系も新型18000系の投入が来年から開始されます。

  8. 西武101系「…」

  9. 東武の8000系もかなり古い筈ですが・・・。
    東京メトロ7000系や東急8500系よりも遥かに古い。