ANA巨大機A380 5か月ぶり客乗せ空へ! 成田発成田行きの異色フライト 一日復活の経緯

ANAが保有するエアバスA380型機「フライングホヌ」が5か月ぶりに客を乗せて飛びました。新型コロナ禍で翼を休めていた総2階建て巨大機の一日だけの復活。成田発成田行きで実施された経緯は、どのようなものなのでしょうか。

3月25日成田着をもって定期便運用から外れる

 ANA(全日空)が保有する総2階建ての巨大機、エアバスA380型機「フライングホヌ」が2020年8月22日(土)、約5か月ぶりに旅客を乗せてフライトしました。成田発成田行き、フライト時間約90分の特別チャーター便です。

Large 200822 a38 01

拡大画像

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」チャーターフライトの様子(2020年8月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 エアバスA380型機は、総2階建ての客室を有する巨大機です。ANAの同モデルは2階席にファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、1階席にエコノミー383席といった配置で、4クラス計520席が並びます。

 平時、成田~ホノルル線の主力機として使われていることから、就航先のハワイにちなんだウミガメ(HONU)をデザインした外観が特徴。そこから「FLYING HONU(フライングホヌ)」という愛称が付いています。

 2019年に「ハワイの空」をイメージした1号機、ついで「ハワイの海」をイメージした2号機が導入されており、「ハワイの夕陽」をイメージした3号機も、早ければ2020年秋に導入される予定です。

 ところが新型コロナウイルスの影響をうけ、国際線の旅客需要が大きく減退したことから、2機の「フライングホヌ」はともに3月25日成田着のフライトを最後に、定期旅客便の運用から外れていました。今回のフライトは、約5か月ぶりに客を乗せたものです。

写真でサッと見る「空飛ぶウミガメ」限定復活の一日

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント