100万円の値がついた飛行機の部品とは? 「航空ジャンク市」中の人にいろいろ聞いた

成田空港の近くにある航空科学博物館では毎年「航空ジャンク市」が開催されます。そこではどのようなものが売買されているのか、高く取引されるものなど、いろいろ聞いてみました。

航空機の中古パーツを手に入れるビッグイベント

 2020年7月26日(日)、東京市ヶ谷の防衛省で行われた装備品オークションは、初めての開催ということや、自衛隊で実際に使われていた装備品という点などからおおいに注目を集めました。

 落札最高額を記録したのは、航空自衛隊が出品した航空ヘルメット、酸素マスク、航空ヘルメットバッグからなる「パイロット関連用品セット」の66万円。これ以外にも、航空機関連ではC-1輸送機やOH-6Dヘリコプターの各種パーツが出品され、すべて競り落とされていました。

Large 200818 junk 01

拡大画像

航空科学博物館で展示されているボーイング747-200、通称「クラシックジャンボ」のコクピット(2019年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 しかし過去「航空ジャンク市」では、それ以上の高値で販売されていた民間機の部品があったそう。「航空ジャンク市」とは、成田空港の近傍、千葉県芝山町にある航空科学博物館で毎年開催されているイベントです。では実際、どのような飛行機部品が並ぶのか、過去どれほどの高額商品が出品されていたのか関係者に聞いてみました。

【写真】近い将来出るか!? ハイテクジャンボの液晶ディスプレイ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント