「東京メトロ my!アプリ」新登場 MaaS実装でタクシー・シェアサイクルの経路検索も可能

メトロ線全342区間の列車内混雑状況も確認できます。

Large 200827 maas 01

拡大画像

東京メトロの新型車両17000系(2020年8月、恵 知仁撮影)。

 東京メトロが2020年8月27日(木)から、MaaS(マース)機能を実装した新アプリ「東京メトロ my!アプリ」を公開します。MaaSは「Mobility as a Service」の略で、様々な移動(モビリティ)をひとつのサービスとして捉え、利用者に提供する概念です。

「東京メトロ my!アプリ」は、既存の「東京メトロアプリ」を段階的にリニューアルする形で提供され、当面の間はどちらのアプリも使えます。

「東京メトロ my!アプリ」に加わる新たな機能として、鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルといった様々な移動手段を経路検索できる点があります。タクシーアプリ「JapanTaxi」「S.RIDE R」やシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」「bike share service」と連携し、検索結果を引き継いで各アプリを起動するため、出発地から目的地まで連続性の高いスムーズな移動が可能です。

 例えば電車からバス、シェアサイクルから徒歩のような移動でも、それぞれの移動手段をつなぐ場面の詳細ルートや地下鉄の駅出口番号、バス停の正確な位置情報などを表示します。特に「S.RIDE R」の対応エリアなら、移動経路が連携されアプリ内からタクシーも予約できます。

 ほかにもアプリでは、東京メトロ全路線の全342区間と、171駅の改札口の混雑状況を確認できます。東京メトロは「ウィズコロナにおいてもより安心して快適に地下鉄をご利用いただきたい」とし、「これらの取組みを通じて、安心で快適な移動・ビジネス・生活を支え、お客様一人ひとりの“新たな日常”を将来にわたってサポートしてまいります」としています。

【了】

【図】鉄道×タクシー 経路検索から配車まで

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント