「マスク拒否」だけじゃない飛行機の客室トラブル 最悪の酒酔い珍事 ナッツ事件…その末路

ピーチの「マスク拒否」事件など、機内で激高した乗客が起こすトラブル、海外では色々な意味で「目を覆いたくなる」ようなものも存在します。一筋縄ではいかない過去の事例、どういったものがあったのでしょうか。

飲酒、喫煙関連のトラブルが多いものの…

 2020年9月、釧路発関西行きのLCC(格安航空会社)のピーチ便で、乗客がマスクの着用を拒否したことでトラブルに発展、CA(客室乗務員)の指示に従わなかったことから、該当便の乗員は航空法の安全阻害行為にあたると判断し、新潟空港に緊急着陸する事態が発生しました。

Large 200908 kinai 01b
大韓航空機。「ナッツ・リターン事件」は総2階建てのエアバスA380型機が使われていた(画像:Bill Abbott[CC BY-SA〈https://bit.ly/3iefptz〉])。

 新型コロナウイルスの影響もあり、今回のトラブルが大きく取りざたされていますが、乗客が機内でトラブルを起こし、緊急着陸もしくは折り返し、身柄の拘束に至る事件は世界各地で発生しています。代表的なものとしては「機内で酔ったあげくCAの指示に従わなかった」「機内が全面禁煙にもかかわらず、隠れて喫煙していた」などをきっかけに生じたものが挙げられますが、なかには目を疑うような内容も存在します。

 乗客のトラブルで「最悪なケース」のひとつともいえるのが、1995(平成7)年に起こったブエノスアイレス(アルゼンチン)発ニューヨーク行き、ユナイテッド航空976便のケースでしょう。

 当時の現地メディアの報道によると、トラブルを起こした乗客はファーストクラスに座った投資家。お酒のおかわりをCA(客室乗務員)に拒否された結果、自らギャレー(キッチン)に向かい、お酒を飲もうとしたのをCAにとがめられたことで激高します。

【画像】「ナッツ姫事件」後のマカダミアナッツ売上の変化

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント